hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 企画 > 写真リポート > 【新バンドプラン施行 記念企画】<写真で見る>短波帯以下と宇宙電波を監視する、関東総合通信局「三浦電波監視センター」のアンテナ群


【新バンドプラン施行 記念企画】<写真で見る>短波帯以下と宇宙電波を監視する、関東総合通信局「三浦電波監視センター」のアンテナ群

1月5日からアマチュア無線の新バンドプラン(周波数使用区別)が施行される(既報記事はこちら)。これに伴い、日本で唯一、短波帯以下の周波数を監視している総務省関東総合通信局の「三浦電波監視センター」が、「周波数等使用区別の移行状況確認等のため、施行の日から約1か月間、HF帯以下のアマチュアバンドを重点的に監視する」という異例の発表を行った。同センターは実際どのような設備で監視を行っているのだろうか。hamlife.jpが撮影した同センターのアンテナ群の写真を紹介しよう。

 

 

神奈川三浦市初声町高円坊1691にある、関東総合通信局電波監理部「三浦電波監視センター」の正面入口

神奈川三浦市初声町高円坊1691にある、関東総合通信局電波監理部「三浦電波監視センター」の正面入口

 

 

こちらの記事もチェック!!
<動画リポート>日本で唯一、ITU国際監視局「総務省関東総合通信局三浦電波監視センター」を日本ITU協会が紹介

 

 関東総合通信局は2014年12月26日、「アマチュア局の新バンドプランが、平成27年1月5日から施行されることに伴い、関東総合通信局三浦電波監視センターでは、周波数等使用区別の移行状況確認等のため、施行の日から約一か月間短波帯以下のアマチュアバンドを重点的に監視することとしたのでお知らせします。アマチュア局を開設している免許人の皆様におかれましては、新バンドプランを遵守して運用されますようお願いいたします」という発表を行った。

 

 また最近、総合通信局の報道発表を見ていると、4アマ資格の無線従事者が10MHz帯や18MHz帯など、運用資格のないバンドで電波を発射し処分されるケースがしばしば登場するが、これら短波帯以下の周波数の電波監視を行っているのは、日本ではこの「三浦電波監視センター」だけなのだ。その業務内容や使用しているアンテナ群を紹介しておこう。

 

★三浦電波監視センターのおもな業務

 

・宇宙電波監視業務
  静止衛星や地球周回衛星の位置確認、運用状態などの電波監視

 

・国際電気通信連合条約上の「国際監視局」としての業務
  海外から到来する短波帯以下の電波監視、ITUへの報告

 

・国内から到来する短波帯以下の電波監視
  各総合通信局の電波監視業務支援
  短波帯などにおける不法・違法局による電波の発信源探索

 それではhamlife.jpが撮影したアンテナ群を見ていこう

 

入口横には「ここは、国際電気通信条約に基づく国際監視局として、また我が国の短波帯以下の電波監視の中枢局として、内外の電波利用秩序を維持するため、日夜、世界を飛び交う電波の監視や調査を行っているところです」という説明が掲示されている

入口横には「ここは、国際電気通信条約に基づく国際監視局として、また我が国の短波帯以下の電波監視の中枢局として、内外の電波利用秩序を維持するため、日夜、世界を飛び交う電波の監視や調査を行っているところです」という説明が掲示されている

 

「三浦電波監視センター」の建物全景

「三浦電波監視センター」の建物全景。周囲はキャベツ畑に囲まれている

 

敷地内には短波帯以下の電波監視に使う大型アンテナと、多数のパラボラアンテナが混在

敷地内には短波帯以下の電波監視に使う大型アンテナと、多数のパラボラアンテナが混在

 

ログペリの手前には大小のパラボラアンテナを配置。静止軌道をトレースできるようにアクチュエーターが取り付けられたものもある

ログペリの手前には大小のパラボラアンテナを配置。さまざまな静止衛星をトレースできるようにアクチュエーターが取り付けられたものもある

 

短波帯を広帯域でカバーする大型のログペリアンテナ。全部で3基あった

短波帯を広帯域でカバーする大型(エレメントは16本)のログペリアンテナ。全部で3基あった

 

60~450MHzをカバーする低域追尾用アンテナ。衛星監視に使用

60~450MHzをカバーする低域追尾用アンテナ。衛星監視に使用

 

直径は13mL/S/C/Ku/Kaバンド対応のパラボラアンテナは敷地内に2基ある。写真奥にはワイヤーアンテナ(T型、垂直ダイポール)も見える

静止衛星を監視する直径13mのL/S/C/Ku/Kaバンド対応パラボラアンテナは敷地内に2基ある。写真奥にはワイヤーアンテナ(T型、垂直ダイポール)も見える

 

三角タワーを支柱として、その左右にさまざまな長さのワイヤーアンテナを展開

三角タワーを支柱として、その左右にさまざまな長さのワイヤーアンテナを展開

 

電波監視システム「DEURAS」のセンサ局アンテナも敷地内にあった

電波監視システム「DEURAS」のセンサ局アンテナも敷地内にあった

 

「三浦電波監視センター」は三浦半島の小高い丘の上にありロケーションは抜群。西には相模湾を挟んで富士山も美しく見える

「三浦電波監視センター」は三浦半島の小高い丘の上にありロケーションは抜群。西には相模湾を挟んで富士山も美しく見える

 

三浦電波監視センターの短波帯監視卓(関東総合通信局資料より)

三浦電波監視センターの短波帯監視卓(関東総合通信局資料より)

 

全国5カ所のセンサ局を三浦電波監視センターで遠隔制御し、100kHz~30MHzの電波発射源を探知する「DEURAS-H」(関東総合通信局資料より)

全国5カ所のセンサ局を三浦電波監視センターで遠隔制御し、100kHz~30MHzの電波発射源を探知する「DEURAS-H」(関東総合通信局資料より)

 

 


大きな地図で見る

 

 

●関連リンク:
・アマチュア局バンドプラン改正に伴う電波監視について(関東総合通信局)
・電波監視システムの概要(関東総合通信局)
・国際電波監視の概要(関東総合通信局)
・宇宙電波監視の概要(関東総合通信局)
・関東総合通信局三浦電波監視センターが新バンドプラン施行に併せてHF帯以下のアマチュアバンドを特別監視(JARL Web)
・関東総合通信局電波監理部 三浦電波監視センターが新「宇宙電波監視システム」の運用を開始(JARL Web/2010年4月掲載)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」