hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 総務省 > <注意!! 旧来版はアンインストール+最新版Java8が必要>1月5日から「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」がアップデート!


<注意!! 旧来版はアンインストール+最新版Java8が必要>1月5日から「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」がアップデート!

総務省は1月5日(月)、電子証明書方式の「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」における「インターネット申請アプリケーションのバージョンアップのお知らせ」と、「Java Runtime Environmentバージョン変更のお知らせ」を発表した。すでに1月5日から新プログラムが導入されている。今回のバージョンアップには、旧プログラムのアンインストールを行った上で、最新版のインストールをしなければならない。また、証明書のインストールなどに必要となるJavaのバージョンも最新の「8」に上がっているので注意を要する。なおアマチュア局の開局、再免許、変更などの申請でよく使われる、ID・パスワードを利用した「総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite」は、このバージョンアップは必要ないようだ。

 

 

 総務省が提供しているインターネット経由の免許申請システムには2つの種類がある。1つは業務無線局などにも対応した、無線局電子証明書方式でICカードリーダライタなどの準備が必要となる「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」で、もうひとつは事前に発給されたIDとパスワードを使用するアマチュア無線局用の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」だ。どちらのシステムも、Webサイト上でアマチュア無線局の開局申請、再免許申請、変更申請(届出) などの手続きが行えるようになっている。

 その電子証明書方式による「総務省 電波利用 電子申請・届出システム」について、総務省は1月5日(月)に「インターネット申請アプリケーションのバージョンアップのお知らせ」と、「Java Runtime Environmentバージョン変更のお知らせ」を発表した。

 

 注意しなければならないのは、いままでのバージョンをインストールしていたパソコンの場合、起動時に自動更新されるのではなく、一度アンインストールを行ってから、新しいバージョンをインストールし直す必要があるということ。

 さらに、対応するJavaのバージョンも上がっている。同省の発表でも「平成27年1月4日(日)以前に本システムをご利用された方には、JRE 7の導入をお願いしていましたが、平成27年1月5日(月)以降に本システムをご利用になる場合は、JRE 8を導入していただく必要があります」としている。このため新たに証明書のインストールも必要となる。

 早速これら一連の作業を行った情報提供者によると、「古い電子申請プログラムとJava7が入っていたので、『証明書がストアされていない可能性がある』と、見当違いのメッセージが出て、新しい電子申請プログラムとJava8の接続がなされている確認に少々時間が掛りました」という報告もあった。

 
 なお、事前に発給されたIDとパスワードを使用するアマチュア無線局用の「電波利用 電子申請・届出システム Lite」の場合は、上記の変更作業は必要ないようだ。
 詳しくは下記の関連リンク「総務省 電波利用電子申請・届出システムからのサービスに関するお知らせ」から確認してほしい。

 

 

 

1月5日に「最新のお知らせ」で、「インターネット申請アプリケーションのバージョンアップのお知らせ」と「Java Runtime Environmentバージョン変更のお知らせ」を発表した(同Webサイト)

1月5日に「最新のお知らせ」で、「インターネット申請アプリケーションのバージョンアップのお知らせ」と「Java Runtime Environmentバージョン変更のお知らせ」を発表した(同Webサイト)

 

 

 

 

●関連リンク:

・総務省 電波利用 電子申請・届出システム 最新のお知らせ

・総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
Tesla Watch テスラウォッチ メンズ腕時計 海外ブランド [並行輸入品]