hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 総務省 > 1月23日(金)10時5分から1時間、南海トラフ巨大地震に備えて瀬戸内海側と日本海側の6漁業用海岸局が非常通信訓練を実施

1月23日(金)10時5分から1時間、南海トラフ巨大地震に備えて瀬戸内海側と日本海側の6漁業用海岸局が非常通信訓練を実施

地方連携初の試みとして中国総合通信局と四国総合通信局は、南海トラフ巨大地震に備えた地域間連携による被災沿岸情報の遠距離伝達訓練を、牟岐漁業用海岸局(徳島県)、深浦漁業用海岸局(愛媛県)、室戸漁業用海岸局 (高知県)、鳥取県漁業用海岸局(鳥取県)、JFしまね漁業用海岸局(島根県)、仙崎漁業用海岸局(山口県)の6漁業用沿岸局が参加する形で、1月23日(金)10時5分から1時間程度実施する。

 

 

 

 今回の訓練は、中国地方漁業無線連合会と四国漁業無線連合会が共同して、南海トラフ巨大地震により四国地域(徳島県、愛媛県、高知県)の3漁業用海岸局の近辺に避難したけが人など被災情報を、漁業用無線を利用して日本海側(鳥取県、島根県、山口県)の3漁業用海岸局に伝達し、救援要請に役立てられるかを確認する。

 

 両総通では、「今回は、四国地域から中国地域における漁業無線分野での初の試みとして、漁業用海岸局間の連携により情報伝達訓練を実施しますが、これにより漁業用分野での非常通信手段の有効性が確認されれば、双方向の被災情報伝達が可能になることが期待されます」と説明している。

 

 

●訓練概要

 

1.訓練日時:平成27年1月23日(金曜日)10:05から1時間を予定

2.訓練周波数:海岸局間は、短波帯の漁業無線を使用

3.被害想定

(1)9時55分に発生した地震、津波により交通、通信途絶

(2) 漁業用海岸局に、5名避難、怪我人1名あり、救助要請

(3) 日本海側の漁業用海岸局と中国総合通信局を通じて、四国総合通信局へ被害状況等を連絡

4.通信ルート:

(1)ルート1 牟岐漁業用海岸局→漁業用無線→鳥取漁業用海岸局

(2)ルート2 室戸漁業用海岸局→漁業用無線→JFしまね漁業用海岸局

(3)ルート3 深浦漁業用海岸局→漁業用無線→仙崎漁業用海岸局

(4)上記3ルート→FAX→中国総合通信局→FAX→四国総合通信局

 ※「漁業用無線」は漁業用無線通信区間

5.取りまとめ局

(1)中国総合通信局無線通信部航空海上課

(2)四国総合通信局無線通信部航空海上課

 

 

 

1月23日(金)に実施する中国・四国両地域における漁業用海岸局間の非常通信訓練概要(同資料から)

1月23日(金)に実施する中国・四国両地域における漁業用海岸局間の非常通信訓練概要(同資料から)

 

 

 

 

●関連リンク中国総合通信局 中国・四国地方連携初の試み!地域間連携による被災沿岸情報の遠距離伝達訓練を実施

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」