hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 統計 > <記録更新! トップは“7局持ち” >同一コールサインの下で一番局数が多い免許人を総務省データから独自調査


<記録更新! トップは“7局持ち” >同一コールサインの下で一番局数が多い免許人を総務省データから独自調査

日本のアマチュア無線局のコールサインは「同一コールエリアでは1つのみ」という原則がある。とは言っても、個人局の多くは「移動する局」の1局のみか、「移動する局」とハイパワーの「移動しない局」の2局を開設するケースが多いだろう。ところが、コールサイン研究で知られるJJ1WTL・本林良太氏が、総務省の「無線局等情報検索」の2014年末(12月20日付)データを元にした調査によると、同一コールサインでなんと「7局分」の免許を持っている人が1人、「5局分」が4人、「4局分」が39人、さらに「3局分」は427人も存在するというのだ。今回で4回目の調査になるが、トップの「7局」は記録更新!と伝えている。

 

 

 昨年に引き続き2014年2月3日記事、JJ1WTL・本林氏が「第4回 全日本局数持ちコンテスト」というタイトルの調査結果をブログで掲載した。

 

 これは総務省が提供する「無線局等情報検索」のデータを用いて集計し、国内における個人局、社団局の無線局免許状発行状況から調査分析したものだ。それによると、同一コールサインでもっとも多くの無線局を設置しているのは、JL1HHNの「7局分」であることが判明した。昨年、JL1HHNは「6局分」だったので、この1年間で1局分増えたということだ。同一免許人の“7局持ち”は、記録更新だという。

 さらに、“5局持ち”はJF1UOW、JF1UOX、JF3BDN、JS3CTQの4免許人。昨年と変わらない陣容となる。“4局持ち”は39免許人(昨年は34免許人)、“3局持ち”427免許人は(昨年は398免許人)と続く。増加傾向にあるのは、同一エリア内に別宅シャックを設けたり、遠隔操作を行う局が増えたことによるらしい。

 

 本林氏はブログの中で、「いっぱい持っている方が増えてきているのが判ります。背景としましては,以下が想起されます」として、以下の理由を挙げている。

・設備共用の一般化(“パラサイトシャック”?)

・(定年にともなう)リゾートシャックの普及

・リモコンシャックの普及

・個人局のVoIPノード立ち上げで別局化…など

 

 なお今回の調査は、“エリアまたがり”で局を複数持っている場合の集計、合算は行われていない。詳細は本林氏のブログを参照して欲しい。

 

 

JJ1WTL・本林氏が集計した「第4回 全日本局数持ちコンテスト」(CICから)

JJ1WTL・本林氏が集計した「第4回 全日本局数持ちコンテスト」(CICから)

 

 

 

↓「第3回 全日本局数持ちコンテスト」ブログ掲載時の記事
●<総務省のデータで独自集計>同一コールサインの下で一番局数が多い免許人は、なんと“6局持ち”だった!

 

 

●関連リンク:

・第4回 全日本局数持ちコンテスト(CIC)

・総務省 アマチュア局無線局等情報検索

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」