hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <ナバサ島DXペディ「K1N」祭り後半戦>朗報! 各バンドにおけるJA局向けサービスタイムを設定


<ナバサ島DXペディ「K1N」祭り後半戦>朗報! 各バンドにおけるJA局向けサービスタイムを設定

DXCCウォンテッドランキング最上位クラスで、22年ぶりのオンエアーとなるカリブ海の「K1N(ナバサ島)」大型DXペディションが2月14日までの予定で現在行われている。すでに“K1N祭り”も後半戦に突入したが、コンディションがいまひとつ上がらない状況で、QSOに苦戦しているDXerも多いと思う。今回、JA/HL地域のパイロット局を務めるJA1ELY・草野氏から「JA局を含むエリア向けにバンドごとのサービスタイムを、現地のDXペディションチームへリクエストした」というアナウンスが届いた。

 

 

 k1n-dxpedition-2-11

 

 

 K1NのDXペディションチームの公式ページには、現地からのオンエアーの様子を捉えた画像が現地時間の2月7日にアップされた。これらの画像を見ても、厳しい環境の中でサービス運用が行われている状況がわかる。

 画像に写っている指向性のあるアンテナは、2エレビームが2基、しかも地上高が数メートルといったところだろうか。あとはワイヤーアンテナ類となる。

 大型設備を有するDXerならともかく、ほとんどのJA局は、コンディションの低下と相まってQSOに苦労している状況だろう。

 この状況を憂慮して、JA/HL地域のパイロット局を務めるJA1ELY・草野氏から、JA局を含むエリア向けに、バンドごとの“サービスタイム”を現地のDXペディションチームへリクエストしたというアナウンスが届いた。

 その措置のおかげか、HF帯のハイバンドを中心に信号が強くなったというJA局からの報告もあるようだ。

 

 しかし、「JA局の呼び方が酷い!」というK1Nのオペレーターからの苦情も届いている。

 草野氏はこうした状況をふまえ、「自分のコールサインが正確にリターンされているのが確認できたら、オウム返しに自分のコールを繰り返さないこと」「JA局からの返信はCWなら599 TU、SSBなら59 thanksだけで良く、たぶんミスコールされたら大変だから念のためにと自分のコールをダメ押しするのでしょうが、これは絶対にやらないでください。2度3度は言語道断です」「ただでさえQSOレートが上がらないJA相手に、これをされるとK1NのオペはJA指定をしなくなります。JA指定されないのは、このせいかも知れません」といった周知を行っている。

 

 

 

●バンド別、JA局を含むエリア向けサービスタイム

 10mバンド:2200~2330(UTC) > 0700~0830(日本時間)

 12mバンド:2200~0100(UTC) > 0700~1000(日本時間)

 15mバンド:2200~0100(UTC) > 0700~1000(日本時間)

 17mバンド:2200~0100(UTC) > 0700~1000(日本時間)

 20mバンド:1200~1400(UTC) > 2100~2300(日本時間)

 30mバンド:1000~1300(UTC) > 1900~2200(日本時間)

 40mバンド:0900~1130(UTC) > 1800~2030(日本時間)

 80mバンド:1030~1130(UTC) > 1930~2030(日本時間)

160mバンド:1030~1130(UTC) > 1930~2030(日本時間)

 

 

 

k1n-dxpedition-2-2 k1n-dxpedition-2-3 k1n-dxpedition-2-4 k1n-dxpedition-2-5 k1n-dxpedition-2-6 k1n-dxpedition-2-7

現地のオペレートの様子を捉えた画像(K1N DXペディション公式サイトから)

 

 

 

 

●関連リンク:

・K1N

・現地オペレートの様子(K1N DXペディション公式サイト)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」