hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <437MHz帯で信号を発射>米国の教育用衛星4基、SMAP衛星と相乗りして宇宙へ

<437MHz帯で信号を発射>米国の教育用衛星4基、SMAP衛星と相乗りして宇宙へ

1月31日、カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地からデルタIIロケットに搭載された、SMAP衛星(土壌水分観測衛星)と、NASAの教育用ナノ・サテライト(ELaNA-X)CubeSat衛星4基が打ち上げに成功した。SMAP衛星に搭載されているレーダーはアマチュアバンドの1.26GHzで信号を発射、またCubeSat衛星4基は437MHz帯にダウンリンクが設けられている。

 

 

カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から打ち上げられたデルタIIロケット

カリフォルニア州バンデンバーグ空軍基地から打ち上げられたデルタIIロケット

 

 

 打ち上げられた4基のCubeSatsのダウンリンク周波数は次のとおり。

 

・Firebird II FU3 437.405MHz(19,200bps FSK)
・Firebird I FU4  437.230MHz(19,200bps FSK)
・GRIFEX      437.485MHz(9,600bps FSK)
・ExoCube (CP-10) 437.270MHz(9,600bps FSK)

 

 このうち、GRIFEXはミシガン大学のプロジェクトでJPLが協力している。ExoCube(CP-10)は、NASAとパートナーシップのあるカリフォルニア州立工科大学サン・ルイ・オビスポ校とウィスコンシン大学開発による宇宙天気観測衛星で、スポンサーは米国立科学財団。Firebirdはモンタナ州立大学とニューハンプシャー州立大学、The Aerospace Corporation、 Los Alamos National Laboratoriesが「Firebirdコンソーシアム」としてコラボレーションしている。(ARRLニュース 2月2日付 ※許可を得て抄訳/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク:Amateur Radio Payloads Share Ride into Space with Soil Moisture Monitoring Satellite(ARRL NEWS)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」