hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > D-STAR > <写真で見る>アイコム、奈良市の同社施設で「IC-7851視聴会&サポートフェアinならやま研究所」を開催!!

<写真で見る>アイコム、奈良市の同社施設で「IC-7851視聴会&サポートフェアinならやま研究所」を開催!!

アイコム株式会社は2月14日、奈良県奈良市にある「アイコムならやま研究所」で、昨年12月に発売されたHF/50MHz帯フラッグシップモデル・IC-7851の「視聴会」を開催した。同機種の視聴会が3エリアで開催されるのは初。会場は多数の来場者で賑わった。

 

 

会場となった「アイコムならやま研究所」の遠景。中央のひときわ高いのが、研究所のシンボルである最大長51m(マストトップまで58m)の巨大クランクアップタワー

会場となった「アイコムならやま研究所」の遠景。中央のひときわ高いのが、研究所のシンボルである最大長51m(マストトップまで58m)の巨大クランクアップタワー

 

 

 アイコムならやま研究所は同社の研究施設でD-STARをはじめ、各種の先端技術の研究開発が行われていることで知られている。また敷地内には日本最大級と言われるアンテナタワー(7MHz帯4エレスタック、3.5MHz帯フルサイズ3エレを取り付け)をはじめ、各種のアンテナが設置されている。
 当日は、建物3階にある「無線室」に自慢の大型アンテナに接続されたIC-7851が3台、実際に受信できる状態でセットアップされ、来場者はスタッフの説明を聞きながら操作体験を楽しんだり、HF機器の技術サポートを受けることができた。
さらに別室では「IC-7851の魅力を紹介」「防災にここまで役立つD-STAR」といった講演が行われたり、D-STAR機器の展示やレピータメモリーのアップデートサービスなどを受けることができた。
 では、この視聴会の模様を写真で速報しよう。

 

 

研究所の建物3階にある「無線室」にIC-7851を設置して視聴会を開催。大勢の来場者で賑わった

研究所の建物3階にある「無線室」にIC-7851を設置して視聴会を開催。大勢の来場者で賑わった

 

2014年12月に発表されたHF/50MHz帯のフラッグシップモデル、IC-7851。関西での視聴会はこれが初めてとなった

2014年12月に発表されたHF/50MHz帯のフラッグシップモデル、IC-7851。関西での視聴会はこれが初めてとなった

 

スタッフの説明を受けながら、実際の受信操作を体験

スタッフの説明を受けながら、実際の受信操作を体験

 

別室では「IC-7851の魅力を紹介」「防災にここまで役立つD-STAR」といった講演も行われた

別室では「IC-7851の魅力を紹介」「防災にここまで役立つD-STAR」といった講演も行われた

 

「IC-7851の魅力を紹介」は、リアルな比較データなども披露され興味津々。質問も相次いだ

「IC-7851の魅力を紹介」は、リアルな比較データなども披露され興味津々。質問も相次いだ

 

D-STARの展示コーナーでは、スマートフォンとの連携による画像通信なども実演

D-STARの展示コーナーでは、スマートフォンとの連携による画像通信なども実演

 

Android端末とID-51を組み合わせたデモンストレーションも

Android端末とID-51を組み合わせたデモンストレーションも

 

敷地内にあるJA3FA・井上徳造氏(同社代表取締役会長)の1kWリモートシャックの見学もできた

敷地内にあるJA3FA・井上徳造氏(同社代表取締役会長)の1kWリモートシャックの見学もできた

 

この日はバレンタインデー。来場者にはこんなチョコレートのプレゼントも

この日はバレンタインデー。来場者にはこんなチョコレートのプレゼントも!?

 

 

こちらの記事もチェック!!
【写真&動画追加】<現地速報>巨大タワーに圧倒!「アイコムアマチュア無線フェスティバル in ならやま」開催

 

 

●関連リンク:
・IC-7851視聴会&サポートフェアinならやま研究所 PDFチラシ(アイコムダイレクト)
・Vol.223 BEACONメールニュース(アイコム)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」