hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <写真投稿>2月15日に静岡県浜松市で開催された「静岡県西部ハムの祭典」の模様

<写真投稿>2月15日に静岡県浜松市で開催された「静岡県西部ハムの祭典」の模様

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)静岡県支部は、2月15日に浜松市南区の浜松卸商センター・アルラで、「静岡県西部ハムの祭典」を開催した。その模様を当日の参加者からhamlife.jpに提供された写真で紹介しよう。

 

「静岡県西部ハムの祭典」の会場となったアルラ

「静岡県西部ハムの祭典」の会場となった、浜松市南区の「浜松卸商センター・アルラ」

 

 

 JARL静岡県支部は東西に広い同県の特徴から、東部エリアでは「静岡県東静アマチュア無線フェア」を、西部エリアでは「静岡県西部ハムの祭典」を、それぞれ毎年2月に開催している。

 2月15日10時から浜松市南区で開催された「静岡県西部ハムの祭典」には、県西部を中心とした多くのアマチュア無線家が参加。地元クラブによるジャンク市や、大手メーカー各社のブース展示、支部関係者との意見交換会、東海総合通信局によるDEURAS-Mの展示、抽選会などを楽しんだ。

 

開会時に行われた、JARL関係者のあいさつ

開会時に行われた、JARL関係者のあいさつ

 

会場内はアマチュア無線家で大賑わい。毎年400名以上の参加者があるという

会場内はアマチュア無線家で大賑わい。毎年400名以上の参加者があるという

 

クラブブースで掘り出し物を探す参加者

クラブブースで掘り出し物を探す参加者

 

物販コーナーも大賑わい

物販コーナーも大賑わい

 

東海総合通信局は不法無線局探索車(DEURAS-M)を会場前に展示

東海総合通信局は不法無線局探索車(DEURAS-M)を会場前に展示

 

東海総合通信局は「規正用無線局」も展示

東海総合通信局は「規正用無線局」も展示

 

会場からはJARL局JA2RL/2も運用された

会場からはJARL局JA2RL/2も運用された

 

アイコムのブース

アイコムのブース

 

八重洲無線のブース

八重洲無線のブース

 

第一電波工業はアンテナの販売コーナーを設置

第一電波工業はアンテナの販売コーナーを設置

 

このイベントの写真をご提供いただきました各局に御礼申し上げます(hamlife.jp)

 

 

●関連リンク:

平成26年度静岡県西部ハムの祭典開催のお知らせ(PDF)
JARL静岡県支部 
JARL Web版「地方だより」

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」