hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <日給なんと3万円!!>JAXA施設内で「本物の人工衛星と交信するアルバイト」を募集中

<日給なんと3万円!!>JAXA施設内で「本物の人工衛星と交信するアルバイト」を募集中

イベントプロモーションなどの企画運営を行っている企業が、独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター内で、人工衛星の管制技術に関する研究に体験モニターとして参加するアルバイトを募集している。JAXA職員による講義を受講後、小型衛星「SDS-4」との交信などを行うという激レアな内容だ。しかも日給は3万円と超高額!! 採用予定人員は10名(各日程ごと2~3名)という。

 

 

株式会社ステータス募集しているJAXAの人工衛星に関する研究をサポートをする「宇宙バイト」募集サイト(タウンワークから)

株式会社ステータスが募集している、JAXAの人工衛星に関する研究をサポートをする「宇宙バイト」。人工衛星との交信も行うという内容だ(タウンワークから)

 

 
 このアルバイトの募集を行ったのは、株式会社ステータス。大手求人情報サイトのタウンワークに掲載された情報内容は下記のとおりだ。

 

【仕事内容】

 人工衛星の管制技術に関するJAXAの研究に、体験モニターとして参加頂きます。また、JAXA職員からの人工衛星に関する講義を受講後、JAXAの小型衛星「SDS-4」との交信などを行っていただき、レポートにまとめていただきます。

【参加研究概要】

 誰もが人工衛星を利用できる時代に備え、人工衛星の運用を支える技術向上や一般化を目的に、人間工学の観点でJAXAと東京理科大学が行っている研究です。誰にでも分りやすい衛星技術を目指す研究のため、特別な知識がなくでもご参加頂けます。

【小型衛星について】

 近年、宇宙開発業界で注目されているのが小型人工衛星です。従来の衛星よりずっと小さいことから、開発コストが抑えられ、身近で使いやすいためです。何が出来て、どのように運用するか、世界中のエンジニアが取り組んでいる技術です。

【勤務地】

 JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市千現2-1-1)

【勤務期間】

 3月30日(月)、3月31日(火)、4月1日(水)、4月2日(木)、4月3日(金)のいずれか1日、10:00~17:00

【採用予定人数】

 10名 ※各日程ごと2~3名

【待遇・福利厚生】

 日給3万円、交通費規定支給、軽食支給

 

 同求人サイトには、アピール情報として「JAXA施設の中でお仕事ができる貴重な経験ができます!しかも近年、宇宙開発業界で注目が集まる小型人工衛星の研究や運用に関わることで、あなたの体験がこれからの宇宙技術への発展に貢献できる貴重なお仕事です!」との記載もある。

 

 人工衛星と交信できるというアルバイトは極めて稀だろう。インターネット上からエントリー可能なので、興味のある方はエントリーしてみてはいかがだろうか。この求人の広告掲載期間は2015年2月23日(月)7時から3月9日(月)7時まで。応募後の選考結果は、応募期間終了後の3月9日以降に行うとしている。

 

 

●関連リンク:
・株式会社ステータス 激レアバイト事務局 のアルバイト・バイト求人情報(タウンワーク)
・小型実証衛星 SDS-4(JAXA)

・独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

・株式会社ステータス

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)