hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > 【追記:新たな画像とともに取説を公開!】<発売予定は4月1日、事前予約受付中!>GHDキー、CQ ham radio誌に製作記事が掲載された「CW解読器」を完成品として製品化


【追記:新たな画像とともに取説を公開!】<発売予定は4月1日、事前予約受付中!>GHDキー、CQ ham radio誌に製作記事が掲載された「CW解読器」を完成品として製品化

モールス通信用の電鍵(キー)や関連製品を製造販売している宮城県の株式会社GHDキーが、CW愛好家の集まり「A1CLUB」が開発し「CQ ham radio」誌の2015年2月号に掲載された「CW解読器(記事では「CW復号器」と表記)」を完成品として商品化する。発売は2015年4月1日、価格は10,000円を予定している。現在、同社Webサイトで事前予約を受付中だ。

 

 

 

【追記】(3月13日更新)

 GHDキーのWebサイトで、R301AとGT705Aによる新たな形状のCW解読器「CWD2014」(市販品!?)の解読の様子を伝える画像に入れ替わった。また、下記から取扱説明書がダウンロードできる。

 

 なお同社では、「想定を遥かに超えるご予約を頂き、一旦ご予約を停止させて頂きます(4/1の発売予定でしたが大幅に延期になりそうです)」と案内している。

 

 

・CW解読器「CWD2014」取扱説明書(PDF形式)

 

ghdkey-cw-kaidokuki-31

 

 

 

 

 

 

【追記】(3月5日更新)

 開発中の「CW解読器」製品化試作モデルと、GR301A(送信練習器)との接続による解読の様子が同社のWebサイトで公開された。

 

ghdkey-cw-kaidokuki-21

 

 

 

 

 

 

月刊「CQ ham radio」誌の2015年2月号、88ページで紹介された「CW復号器『CWD2014』の製作」

月刊「CQ ham radio」誌の2015年2月号、88ページで紹介された「CW復号器『CWD2014』の製作」

 

 

 CW愛好家の集まり「A1CLUB」が開発したCW復号器「CWD2014」は、ハムフェア2014会場でキットとして頒布されたが、用意した200セットが開場1時間ほどで売り切れ、インターネットで追加受付した100セットも短期間で完売したという大人気のアイテムだ。アマチュア無線専門誌「CQ ham radio」の2015年2月号に、同モデルの製作記事も掲載された。

 

 GHDキーは、A1CLUBの全面協力のもと、このCW解読器を完成品として製品化することを決定。発売は2015年4月1日で、価格は同社の送信練習機「GR301A」と同じ10,000円を予定。現在、同社のWebサイトで事前予約の受け付けを行っている。

 

 

GHDキーから「CW解読器」を完成品として製品化して販売すると案内があった

GHDキーから「CW解読器」を完成品として製品化して販売すると案内があった

 

 

●使用方法の一例(GHDキーの案内から)

 

(1)GR301A(送信練習器)と繋ぎエレキー、縦振り、バグキー、複式キーなどの符号が解読できるように練習すれば、綺麗な聞きやすい符号になり送信に自信がつきます。

 

(2)NHC-05G(受信練習器)と繋ぎ、苦手符号の表示、確認ができます(毎分25から125文字まで対応)。

 

(3)リグのイヤホン端子と繋ぎ受信のアシストとして使えます。交信に余裕が持てます。

 

 

 

 

GR301A(送信練習器)

GR301A(送信練習器)

 

NHC-05G(受信練習器)

NHC-05G(受信練習器)

 

 

 詳細は下記の関連リンクから確認してほしい。

 

 

 

 

 

 

●関連リンク:

・GHDキー
・GR301A(送信練習器)(GHDキー)
・NHC-05G(受信練習器)(GHDキー)
・A1CLUB

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」