hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <現地の様子を伝える画像多数>22年ぶり「K1N(ナヴァッサ島)」DXペディションを記録した詳細リポートを公開


<現地の様子を伝える画像多数>22年ぶり「K1N(ナヴァッサ島)」DXペディションを記録した詳細リポートを公開

カリブ海の孤島、ナヴァッサ島(ナバサ島)から22年ぶりのオンエアーとなる「K1N」DXペディションが、2015年2月2日から14日まで行われた。最も交信したい(most-needed)エンティティーとして、Club LOGでは1位、DXマガジンでは第2位にランクされている「珍中の珍」でもあり、世界中で“K1N祭り”となったことは記憶に新しい。この貴重な「K1N DXペディション」の全32ページにも及ぶ詳細リポートが、Glenn Johnson氏(W0GJ)より公開された

 

 

Glenn Johnson氏(W0GJ)により公開された全32ページにも及ぶ「K1N Navassa DXpedition」リポート

Glenn Johnson氏(W0GJ)により公開された全32ページにも及ぶ「K1N Navassa DXpedition」リポート

 

 

 

 今回公表されたリポートは、DXペディションの準備段階から帰路後の様子まで、詳しく書かれた“完全版”と言っていいものだ。全32ページにも及び、PDF形式でダウンロードできる。

 フルカラーの画像も多数使われ、現地の過酷な状況を垣間見ることができる貴重な資料となるだろう。

 

 

「Focus on JA/AS!」という文字が確認できた。現地オペレーターに周知徹底されていた様子がわかる貴重な画像だ

「Focus on JA/AS!」という文字が確認できた。現地オペレーターに周知徹底されていた様子がわかる貴重な画像だ

 

 コンディションがいまひとつ上がらない状況で、JA/アジア局向けへの交信局数は伸びなかった「K1N 」だが、公開された画像には、現地のホワイトボードに「Focus on JA/AS!」という文字が確認できた。

 

 JA局を含むエリア向けに、バンドごとの“サービスタイム”定めて積極的にオンエアーしていた様子が伝わってくる涙モノのボードだ。

 

 

 

●【動画】22年ぶりとなる「K1N(ナバサ島、ナヴァッサ島)」DXペディションを記録した貴重なビデオが公開

 

 

●<ナバサ島DXペディ「K1N」祭り後半戦>朗報! 各バンドにおけるJA局向けサービスタイムを設定

 

●<まもなく開始!!>ナバサ島から22年ぶりの運用「K1N」DXペディション

 

 

 

 詳細は下記の関連リンクからPDFファイルをダウンロードしてほしい。

 

 

 

●関連リンク:

・K1N Navassa DXpedition(PDF形式)

・Twin Cities DX Association(TCDXA)>NEWSLETTER(ここにある)

 

 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」