hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > コンディション > 【北海道で11年ぶりにオーロラも観測!】<HF帯を中心にバンド中が通信障害>地球磁気を表す「K-Index」が8(超強烈)を記録! 活発な地磁気嵐が発生中

【北海道で11年ぶりにオーロラも観測!】<HF帯を中心にバンド中が通信障害>地球磁気を表す「K-Index」が8(超強烈)を記録! 活発な地磁気嵐が発生中

3月18日(水)早朝より、太陽フレアによる太陽風が地球に到着して起こる“磁気嵐”が、大規模に発生している模様だ。「HF Propagation and Solar-Terrestrial Data Website」の日本時間11時4分のデータによると、地磁気を表す「K-Index」が、近年稀に見る「8」を表示、「Severe storm=超猛烈な磁気嵐」という状態だ。HF帯を中心に全バンドで「Poor」という通信障害を表すレッドゾーンを示している。また18日未明には、北海道で日本国内としては11年ぶりに「低緯度オーロラ」の観測と撮影に成功した。

 

 

「HF Propagation and Solar-Terrestrial Data Website」の日本時間11時4分のデータでは、ほとんどのバンドで「Poor=通信障害」状態だ

「HF Propagation and Solar-Terrestrial Data Website」の日本時間11時4分のデータでは、ほとんどのバンドで「Poor=通信障害」状態だ

 

 

 

「サンスポットナンバー=太陽黒点数(SSN)」が太陽側のコンディション数値ならば、HF帯には15以下が望ましいと言われる地球側の地磁気活動を表す「A-Index」、HF帯には3以下が望ましいと言われる「K-Index」が大変なことになっている。

 

「HF Propagation and Solar-Terrestrial Data Website」の日本時間11時4分のデータによると、「A-Index」が「117」、そして「K-Index」が「8」いう状況である。早朝より事態が悪化しているようにも見える。今後のコンディションに注視したい。

 

 また「宇宙天気ニュース」でも11時9分のリポートで「CMEによる太陽風の乱れが到来し、磁気圏が激しく乱れています」と伝えている。

 

 

NICT 宇宙天気情報センターのデータからも「地磁気嵐」が赤く表示されている

NICT 宇宙天気情報センターのデータからも「地磁気嵐」が赤く表示されている

 

 

 

●「A-Index」レベルの目安

 0-7=Quiet

 8-15=Unsettled

 8-15=Unsettled

 16-29=Active

 30-49=Minor storm

 50-99=Major storm

 100-400=Severe storm

 

●「K-Index」レベルの目安

 0=Inactive

 1=Very quiet

 2=Quiet

 3=Unsettled

 4=Active

 5=Minor storm

 6=Major storm

 7=Severe storm

 8=Very severe storm

 9=Extremely severe storm

 

 

 

【3月18日追記】

 報道によると、3月18日未明には北海道名寄市の「なよろ市立天文台」が、日本国内では11年ぶりとなる「低緯度オーロラ」の観測と撮影に成功した。これも磁気嵐の影響とみられている。同天文台のWebサイトに画像が掲載されている。

 

 

 

 

●関連リンク:

・NICT 宇宙天気情報センター

・HF Propagation and Solar-Terrestrial Data Website

・太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター

・宇宙天気ニュース
・なよろ市立天文台

 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」