hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <聞きなれないプリフィックスの局が数多くオンエアー>3月28日から48時間、「2015 CQ World-Wide WPX Contest SSB」を開催


<聞きなれないプリフィックスの局が数多くオンエアー>3月28日から48時間、「2015 CQ World-Wide WPX Contest SSB」を開催

3月28日(土)の9時(日本時間)から48時間の日程で、世界的に有名なDXコンテスト「2015 CQ World-Wide WPX Contest SSB」(US CQマガジン主催)が開催される。「異なるプリフィックス」がマルチプライヤーになることから、普段は聞かないようなプリフィックスを使う海外局も数多くオンエアーする。

 

 

「CQ World-Wide WPX Contest SSB」の賞状(HB9BBのブログから)

「CQ World-Wide WPX Contest SSB」の賞状(HB9BBのブログから)

 

 

 

 US CQマガジン主催の世界的なDXコンテストである、「2014 CQ World-Wide WPX Contest SSB」が、日本時間の3月28日(土)9時から30日(月)8時59分までの48時間、80m、40m、20m、15m、10mの各バンドのSSBモードで開催される。

 

 このコンテストは最終得点が「QSO得点の合計」と、「異なるプリフィックスの和」の乗算により計算されるため、普段は聞くことのできないプリフィックスを使用してコンテストに参加する局も多い。珍プリフィックスの局は人気が高く、呼ばれる確率も増えて高得点につながるというメリットがあるためだ。

 

 交換するナンバーは「RS」+「001形式」となる。ログ提出締切日は4月3日(金)23時59分(UTC)まで。なお、コンテスト参加前に下記関連リンクから主催者のWebサイトにアクセスし、公式ルールを確認してほしい。

 

 

●関連リンク:

・2015 CQ World-Wide WPX  Contest SSB規約など(英文)

・2015 CQ World-Wide WPX Contest SSB規約など(日本語)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」