hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アワード情報 > ARRL、100周年記念QSOパーティーの「ポイントチャレンジ」と「W1AW WAS」のアワード申請を受付開始

ARRL、100周年記念QSOパーティーの「ポイントチャレンジ」と「W1AW WAS」のアワード申請を受付開始

ARRL100周年を記念して2014年の1年間実施された「ARRL Centennial QSO Party」。その「Centennial Points Challenge」と「W1AW Worked All States」のアワード申請受付が3月25日から開始された。

 

 

ARRL Centennial QSO Partyの「Centennial Points Challenge」と「W1AW Worked All States」アワード

ARRL Centennial QSO Partyの「Centennial Points Challenge」と「W1AW Worked All States」アワード

 

 

 ARRLのチーフオペレーティングオフィサー、Harold Kramer氏(WJ1B)は「ARRL Centennialオペレートイベントは、予想以上の参加で大成功を収めた。これは、アマチュア無線の歴史で最大のオンエアー活動だった」と述べている。

 

 2014年の1年間に550万回以上の100周年イベント交信が Logbook of the World(LoTW)に記録されている。その中には、W1AWの米国各州の移動運用や、多くのARRLメンバーと地域組織ボランティアによる運用活動が含まれている。「W100AW」は、約70,000交信を達成した。

 

 アワードの申請手続きは単純で、ファイルに情報が登録されていれば、申請者の名前、住所などの情報入力と手数料支払い手続きのみで済む。申請システムは、その局に資格のある賞を自動的に選び出し、印刷発行手配が毎日行われ、飾り額は業者に発注される。

 

 なお「ARRL Centennial Points Challenge」の「Top Level Award」には15,000ポイントが必要。「Third Level Award」は7,500ポイント、「Second Level Award」は3,000ポイント、「First LevelAward」は1,000ポイントがそれぞれ必要で、その局が得たポイントの合計数は、アワードに印刷される。
(ARRLニュース 3月25日付 ※許可を得て抄訳/(C)ARRL )

 

 

●関連リンク:
・ARRL Centennial Points Challenge, W1AW WAS Awards Application Window Open(ARRL NEWS)
・Centennial Points Challenge Award(ARRL)
・W1AW Portable Stations WAS Award(ARRL)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」