hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <1名はアラスカの女性ハム>100歳を迎えた米国のアマチュア無線家2名が表彰される

<1名はアラスカの女性ハム>100歳を迎えた米国のアマチュア無線家2名が表彰される

100歳を超える、米国の優秀なアマチュア無線家が、それぞれ地元の州から表彰された。アラスカ州では102歳のARRLメンバー、アーリーン“バディ”クレイ(Arlene “Buddy” Clay、KL7OT)、そしてユタ州では100歳のグレーフ“リチャード”ベッカム(Greef “Richard” Beckham、W7FVM)の2名だ。

 

 

102歳のアーリーン“バディ”クレイ(KL7OT)と、100歳のグレーフ“リチャード”ベッカム(W7FVM)

102歳のアーリーン“バディ”クレイ(KL7OT)と、100歳のグレーフ“リチャード”ベッカム(W7FVM)

 

 

 バディ(KL7OT)は、エスキモーの間での司法管理という仕事で、アラスカ女性として表彰された。彼女は亡き夫のアール氏(KL7EM)と航空交通管制官の仕事に就いていた。1948年にハムになり、Matanuska Amateur Radio Associationのオンエアミーティングを担当。1960年に、アラスカの12の村を担当する治安判事となり、夏はボートで、冬は犬ぞりで村から村までまわるなど、これまで70年間近くをアラスカの荒野で過ごした。

 

 ユタ州では、州下院がリチャード(W7FVM)の100回目の誕生日に表彰を行った。彼は有名な飛行士アメリア・イアハートが南太平洋上で行方不明になった際、彼女を捜索した米海軍チームの最後の生存メンバーといわれている(イアハートのその後の運命はわかっていない)。

 

 海軍生活の後、ベッカムはオレゴンの科学教師になり、パイロットのライセンスを取得し、航空パトロールの市民ボランティアとして活躍した。(ARRLニュース 3月25日付 ※許可を得て抄訳/(C)ARRL )

 

●関連リンク:Two Centenarian Radio Amateurs are Honored by Their States(ARRL NEWS)

●おすすめ記事:

タグ: , , ,
レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)