hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <ラジオ番組内で公表>JARD、e-ラーニング方式の「2アマ養成課程講習会」の概要を初めて明らかに

<ラジオ番組内で公表>JARD、e-ラーニング方式の「2アマ養成課程講習会」の概要を初めて明らかに

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は、2015年4月19日に放送されたラジオ番組「CQ ham for girls」の中で、7月から開始を予定しているe-ラーニング方式による「2アマ養成課程講習会」の概要を初めて明らかにした。

 

 4月19日、FMぱるるんの人気アマチュア無線番組「CQ ham for girls」第38回にゲスト出演したJARDの杉崎雄一氏が、現在実施を計画しているe-ラーニング方式による「2アマ養成課程講習会」の概要を明らかにした。この内容は現時点でJARDのWebサイトやFacebookページに記載されていない。

 番組の中で説明された内容をまとめると、下記の通り。

 

◆講習会の開始時期:2015年7月を予定

◆講習会の募集開始時期:
・まだ確定ではないが、2015年5月中旬に始められたらいいなと考えている
・最初は募集人数を絞って開催する予定

◆講習会の対象者:3アマ資格所持者対象(短縮コース)

◆講習会の方法:コンピュータを使ったe-ラーニング方式(インターネット接続のパソコンを使い自宅で勉強)

◆講習時間:法規17時間、無線工学29時間の合計46時間(短縮コースの場合)

◆想定する受講期間:
・1日1時間ぐらいの自宅勉強として、2か月間ぐらいを考えて欲しい
・その後、1か月ぐらいの間に「修了試験」を受けに行って欲しい

◆修了試験について:
・CBT(Computer Based Testing)方式
・日本全国の130か所にある「テストセンター」に行き、パソコンで出題される問題に解答する
・テストセンターの受付では、すべての私物(筆記用具、時計、携帯なども)を預ける
・室内ではインターネットの接続はできない
・隣席との間には仕切りがあり、覗き込むことは不可能
・さまざまな資格のテストを実施しているセンターなので、隣席の人はまったく別の資格試験を受験している

◆修了試験が受けられる回数:1回のみ。ただし不合格者はなんらかの救済処置を検討

◆教室形式の従来型講習会の開催:
・今年度に2回程度、従来と同じ集合型による2アマ養成課程講習会を、まず東京のJARDハム教室で開催したい
・講習には少なくとも10日間は必要。土日に1日6時間の授業として1か月はかかる計算

◆講習会の費用:講習と試験などを含み5万円前後を予定

 

 ベールに包まれていた「2アマ講習会」の概要が初めて明かされた。詳細は下記関連リンクの「CQ ham for girls」のWebサイトから。左下の「過去の放送はこちらから」をクリックし、4月19日のものを選ぶと、mp3形式の音声ファイルで聴取できる。 なお放送後1か月が経過した音声ファイルは削除される。

 

●関連リンク:CQ ham for girls

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」