hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【追記:5月7日にコーナーを削除】<バンドプラン、コンテスト周波数、総通住所など>JARLの「モバイル・メニュー」に20か所以上の“誤り”が存在


【追記:5月7日にコーナーを削除】<バンドプラン、コンテスト周波数、総通住所など>JARLの「モバイル・メニュー」に20か所以上の“誤り”が存在

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)が、公式Webサイト内に開設している携帯電話・スマートフォン閲覧用の情報コーナー「モバイル・メニュー」に、現状と異なる記載が多数あることがわかった。改正されたアマチュアバンドプラン(使用区別)や、コンテスト用周波数を反映しなかったり、各地の総合通信局や日本無線協会の事務所の移転を修正しなかったことが原因と見られ、中には8年間も事実と異なる記載を続けている項目もあり、“誤り”は20か所以上に及ぶ。閲覧時は注意が必要だ。

 

 

現状と異なる内容が20か所発見された、JARLの「モバイル・メニュー」

現状と異なる内容が20か所発見された、JARLの「モバイル・メニュー」

 

 JARLは移動運用の際に市郡区番号を確認したり、関係機関に連絡をしたい場合にすぐ住所や電話番号が確認できる、携帯電話やスマートフォンに対応した「モバイル・メニュー」を、公式サイトのJARL Web内に設けている。

 

JARL Web(パソコン版)のメニュー左端にある「モバイル・メニュー」

JARL Web(パソコン版)のメニュー左端にある「モバイル・メニュー」

 

 2015年5月5日現在、モバイル・メニューには「市郡区番号リスト」「バンドプラン」「コンテスト用周波数」「総合通信局、日本無線協会、JARD、TSSの住所と電話番号」「JARL事務局の住所と各部署の連絡先」が掲載されている。

 

JARL「モバイル・メニュー」のトップ画面より

JARL「モバイル・メニュー」のトップ画面より

 

 ところが「市郡区番号リスト」を除く各コーナーの情報が古く、現状を反映していないため、記載内容を鵜呑みにすると電波法違反やコンテスト規約違反、申請書類の不達、間違い電話といった深刻な事態を引き起こす可能性が生じているのだ(市郡区番号リストは2014年1月1日現在のデータだが、その後にリストの修正が必要となる変更が生じていない)。

 

 一例を紹介すると、「バンドプラン」には、2015年1月5日に開放された475.5kHz帯の記載がなく、さらに同日から施行された各アマチュアバンドの新バンドプラン(使用区別)や、50/144/430MHz帯に設けられた「デジタル呼び出し周波数」も反映されていない。

 

バンドプランには「475.5kHz帯」の記載がない

バンドプランには2015年1月に開放された「475.5kHz帯」の記載がない

 

2015年1月から施行された新バンドプランも反映されておらず、古いデータのままだ

3.5MHz帯と7MHz帯のバンドプラン。2015年1月から施行された内容が反映されず、古いデータのままだ

 

 また、新バンドプラン施行に伴い、2015年春の理事会で改正が認められ、4月の「ALL JAコンテスト」から実施された「コンテスト用周波数帯」も古い記載のままとなっている。

 

コンテスト周波数の表記も修正されていない

コンテスト周波数の表記も修正されていない

 

 このほか、各地の総合通信局の住所では、関東、九州の両総通と沖縄総合通信事務所が移転前の旧住所のままとなっている。関東総合通信局が「モバイル・メニュー」に記載された千代田区丸の内から、現在の住所(千代田区九段南)に移転したのは平成19年5月のこと。実に8年間も旧データのまま“放置”されている。

 

 さらに無線従事者国家試験を実施する日本無線協会の住所では、東海、近畿、九州、沖縄、北海道、北陸の5支部が旧住所のままだ(九州支部は熊本市の政令指定都市化を反映していない)。また保証業務を行うTSS株式会社も移転前の旧住所になっている。このほかJARL事務局内の一部のセクションの電話番号も異なっている。

 

各地の総合通信局や日本無線協会の事務所住所も古い。関東総合通信局は8年前の住所。九州総通や日本無線協会の九州支部・沖縄支部の住所も現状と異なっている

各地の総合通信局や日本無線協会の事務所住所も古い。関東総合通信局は8年前の住所。九州総通や日本無線協会の九州支部・沖縄支部の住所も現状と異なっている

 

 JARL会員から寄せられた情報を基にhamlife.jpで調査したところ、「モバイル・メニュー」全体で、実際と異なる記載は全部で25か所にのぼることがわかった。早急な修正が行われることに期待したい。

【5月7日 追記】
JARLは5月7日昼、Webサイトから「モバイル・メニュー」のコーナーをトップページのメニューから削除した。直リンクでアクセスすると「リニューアル中のためご利用いただけません」の表示が出て、トップページに誘導される。

 

 

●関連リンク:モバイル・メニュー(JARL Web)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」