hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アマ無線のラジオ番組 > <写真で見る収録風景>「ラジオ成田」、4月からスタートしたアマ無線の新番組「CQ Communication」現場リポート

<写真で見る収録風景>「ラジオ成田」、4月からスタートしたアマ無線の新番組「CQ Communication」現場リポート

既報のとおり、千葉県成田市のコミュニティFM局「ラジオ成田」(国際ラジオ放送株式会社、JOZZ3BZ-FM、83.7MHz/出力3W)が、2015年4月6日から毎週月曜日の夜にアマチュア無線の魅力を発信する番組「CQ Communication」をスタートさせた(5月2日付け記事)。同番組のパーソナリティのJA1AKR・長谷部光一氏と、アシスタントのゆなさんが行う収録現場にhamlife.jpが訪問。その様子を紹介しよう。

 

 

 

アマチュア無線の魅力を発信する番組「CQ Communication」のこの日の収録は、成田国際空港第1ターミナル中央ビルに設けられた「FMスタジオ“SKY GATE”」で行われた

アマチュア無線の魅力を発信する番組「CQ Communication」のこの日の収録は、成田国際空港第1ターミナル中央ビルに設けられた「FMスタジオ“SKY GATE”」で行われた

 

 

 

 千葉県の北部中央部に位置する成田市は「成田国際空港(新東京国際空港)」や「成田山新勝寺」など有名な場所が点在する。そんな成田市に、2014年12月27日、コミュニティ(地域密着型)FMラジオ局として「ラジオ成田」が開局した。

「ラジオ成田」は、防災・観光・交通など各分野の地域情報を発信するため、本社スタジオのほかに、市内の観光牧場「成田ゆめ牧場」とショップモール「イオンモール成田」、さらに「成田国際空港(新東京国際空港)」にサテライトスタジオを用意している。取材当日に行われた、「CQ Communication」の収録は、成田国際空港内(第1ターミナル中央ビル5階)に設けられた「FMスタジオ“SKY GATE”」が使用された。

 

 

 

 

radio-narita-3 radio-narita-4

 国際ラジオ放送株式会社、通称「ラジオ成田」の本社・スタジオが入る建物。屋上に3エレメントの放送用アンテナ2本が確認できる

 

成田国際空港内の「FMスタジオ“SKY GATE”」は展望デッキのすぐ隣り。発着する航空機が目の前に広がる絶好のロケーション!

成田国際空港内の「FMスタジオ“SKY GATE”」は展望デッキのすぐ隣り。発着する航空機が目の前に広がる絶好のロケーション!

 

 

 

 アマチュア無線の魅力を発信する番組「CQ Communication」は、JA1AKRのコールサインを持つアクティブなアマチュア無線家であり番組パーソナリティを務める長谷部光一さんが企画・構成を、そして放送本部長の城田 渉さんが放送フォーマット(進行表&台本)に仕上げ、収録方式で行われていた。1本(1週分)の収録に多いときには2時間半を費やし、さらに音楽などを入れていく。これら編集作業はディレクター経験が豊富な城田さんの担当となる。

 アシスタントのVoice CREWのゆなさんは、まったくの“アマチュア無線シロウト”。放送フォーマットには、難しい無線用語も数多く登場する。番組では「これからアマチュア無線を楽しもうとする人の目線」を大切にしたいということで、ゆなさんのパートではしっかりした台本がほとんど見当たらない。そんな目線で、長谷部さんに疑問・質問をぶつけながら、番組は進んでいく。

 

 

まだまだ続く!1本の番組に仕上げるまで(次頁)

 

 

1 2

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」