hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <ウォーターフォール表示などに対応>アイコム、IC-7600/Mの新ファームウェア(Version 2.00)を公開


<ウォーターフォール表示などに対応>アイコム、IC-7600/Mの新ファームウェア(Version 2.00)を公開

アイコム株式会社は2015年5月18日、同社のHF/50MHz帯オールモード機であるIC-7600/Mの新ファームウェア、「Version 2.00」を同社サイト上に公開した。同機種(従来モデル)のオーナー向けで、ウォーターフォール表示やマウス操作などのスペクトラムスコープの機能を実現するというメジャーアップデートだ。

 

 

関連記事↓

<追加/強化した機能でワンランク上の運用を実現!>アイコム、実戦力が向上した「IC-7600」をリリース

 

 

 この新ファームは、5月18日に発表された、IC-7600/Mの「+新機能モデル」と同等の機能を、従来モデルで実現するためのもので、下記のように発表されている。

 

 
●IC-7600/Mの新ファーム(Version 2.00)

 

おもな変更点:

 

・ウォーターフォール表示やマウス操作などのスペクトラムスコープの機能を追加

 

・APF AF Level設定を追加

 

・アンテナコントローラー、ログソフト、およびRIT/DELTA-TX用のCI-Vコマンドを追加

 

・送信電波の立ち上がる時間を調整するTX Delay(HF/50M)設定を追加

 

・リモート操作(REMOTEジャックを使用)で電源をONにできるようにするため、スタンバイ状態を維持する設定を追加

 

・「MOS-FET」をSEND Relay Typeの初期値に変更

 

※詳しくは、IC-7600/IC-7600M ~Version 2.00ファームアップについてをご覧ください。

 

IC-7600/Mのファームアップは、USBメモリーを使用して行うことができる。詳細は下記関連リンクを参照のこと。

 

 

 

 

●関連リンク:

・IC-7600 ファームウェア/ドライバ ダウンロード(アイコム株式会社)
・IC-7600/IC-7600M ファームウェアのアップデートについて Ver.2.00(アイコム株式会社)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」