hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 企画 > お役立ち豆知識 > <IC-R1やIC-821などが“修理受付不能”に>アイコム、「修理受付終了機種リスト」を1年ぶりに更新

<IC-R1やIC-821などが“修理受付不能”に>アイコム、「修理受付終了機種リスト」を1年ぶりに更新

アイコム株式会社は5月29日、Webサイトに掲載している「修理受付終了機種リスト」を1年ぶりに更新した。同社のアマチュア無線機器は、生産終了から10~14年が経過した機種は「条件付きで修理受付可能」となり、15年以上が経過した機種は「修理受付終了」で調整や点検も受けられなくなる。今回のリスト更新で受信機のIC-R72、IC-R100、IC-R1、IC-R9000、レピータ装置のIC-RP2420、IC-RP4020、V・UHF帯固定機のIC-821/D、モービル機のIC-1201、ハンディ機のIC-12G、IC-3Jが新たに「修理受付終了」となり、IC-706MK2Gシリーズ、IC-R10、IC-2350/J/D、IC-681、IC-Q7が「条件付きで修理受付可能」の扱いとなった。

 

 

 アイコムは毎年この時期に「修理受付終了機種リスト」を更新している。生産終了から10~14年が経過したアマチュア無線機器は「条件付きで修理受付可能」となり、さらに生産終了から15年以上が経過すると「修理受付終了」となって、調整や点検も受けられなくなる。

 今年のリストは下記のとおりで、新たに受信機のIC-R72、IC-R100、IC-R1、IC-R9000、レピータ装置のIC-RP2420、IC-RP4020、V・UHF帯固定機のIC-821/D、モービル機のIC-1201、ハンディ機のIC-12G、IC-3Jが「修理受付終了」となり、IC-706MK2Gシリーズ、IC-R10、IC-2350/J/D、IC-681、IC-Q7が「条件付きで修理受付可能」の扱いとなった。

 

 

アイコムが公開した修理受付終了機種リスト(有効期限 2015年6月1日~2016年5月31日)より

アイコムが公開した修理受付終了機種リスト(有効期限 2015年6月1日~2016年5月31日)より

 

 なお同社は今回のリストから、生産終了後5~9年の機種を青文字で表示し、「修理受付中(部品廃品等により修理できない場合もございます。10年以内の製品の修理をお約束するものではございません」と呼びかけている。

 

 

●関連リンク:
・修理に関する重要なお知らせ(アイコム)
・修理受付終了機種リスト(PDF)有効期限 2015年6月1日~2016年5月31日

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」