hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【規約に対する意見も募集中】<大震災の教訓を生かす訓練と相互親睦>JARL宮城県支部、6月7日(日)14時46分から17時14分まで「2015年 第13回宮城通信訓練コンテスト」を開催

【規約に対する意見も募集中】<大震災の教訓を生かす訓練と相互親睦>JARL宮城県支部、6月7日(日)14時46分から17時14分まで「2015年 第13回宮城通信訓練コンテスト」を開催

JARL宮城県支部では、大震災の教訓を生かすため電文の送受信訓練と相互親睦を目的として6月7日(日)14時46分から17時14分まで、宮城県内で運用する個人のアマチュア局を対象にした「2015年 第13回宮城通信訓練コンテスト」を144/430MHz帯で開催する。また同支部ではこのコンテストの規約に対する意見や要望も募集中だ。

 

 

 

 

 

 参加資格は宮城県内で運用する個人のアマチュア局(社団局もオペレーターが1人なら参加可)。439.72MHzレピーターの使用やSSTVでの運用も可能。県外局との交信、走行中の局との交信は無効。

 

 呼出方法は「CQ みやぎ訓練コンテスト」、ナンバー交換は「RS(V)」+「オペレーター名」+「市町村名」+「電文(20字以内の普通文または名勝、名物、名産品などでも可)」。

 

 ログシートの締め切りは6月27日(土)消印有効。詳しくは「2015年 第13回宮城通信訓練コンテスト規約」で確認のこと。

 

 なお開始時間の14時46分は「東日本大震災(2011年3月11日)」の発生時刻、17時14分は「宮城県沖地震(1978年6月12日)」の発生時刻にちなんでいる。

 

 

 

 

「2015年(第13回)宮城通信訓練コンテスト」の規約(一部抜粋)

「2015年(第13回)宮城通信訓練コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 なお主催者のJARL宮城県支部は現在、「宮城通信訓練コンテスト」の規約についての意見や要望を下記のように募集している。

★意見・要望の募集について
 現在、参加部門は下記の部門の通りで、144・430MHzの周波数に限定しています。また、MODEも電話、SSTVが対象です。この規約に対するご意見・ご要望を受付けます。
 いただいたご意見・ご要望を参考に次年度以降の規約を検討する予定です。バンド・モードの追加などご意見がございましたらお聞かせいただきたくお願い致します。

★2015年の参加部門
 ・144MHzシングルバンド
 ・430MHzシングルバンド
 ・マルチバンド (144・430MHz)
 ・ジュニア・シニア マルチ
 ・登録クラブ

★意見の提出方法
 本年、当コンテストに参加され提出するサマリーのコメント欄に記載されるか、当支部の連絡メールアドレス宛メールにてご意見をお寄せください。締切はログサマリー提出期限(6/27)又は電子メール(6/30)とします。いただいたご意見はコンテスト委員会での規約改定の審議で検討いたします。

 

 

●関連リンク:

・2015年(第13回)宮城通信訓練コンテスト

・2015年(第13回)宮城通信訓練コンテスト(JARL Web)

・JARL宮城県支部

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」