hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <現地速報!写真リポート>6月26日~28日、ドイツでヨーロッパ最大級のハムの祭典「Ham Radio2015」が開催

<現地速報!写真リポート>6月26日~28日、ドイツでヨーロッパ最大級のハムの祭典「Ham Radio2015」が開催

今年で40回目を迎える、ヨーロッパ最大のアマチュア無線のイベント「Ham Radio2015」が、現地時間の6月26日(金)~28日(日)の3日間、ドイツ南部のフリードリヒスハーフェン・メッセで開催されている。東欧諸国からの参加者も多く、37か国から527団体が出展しフリーマーケットも賑わうなど、まさにヨーロッパ最大の名にふさわしい内容だ。現地からhamlife.jp宛に写真リポートが届いたので紹介しよう。

 

 

※小さな画像はクリックすると拡大します。

 

ヨーロッパ最大級のハムの祭典「第40回 Ham Radio2015」が、現地時間の6月26日(金)~28日(日)の3日間、南ドイツはフリードリヒスハーフェン・メッセで開催された。初日である6月26日(金)朝9時の様子

ヨーロッパ最大級のハムの祭典「Ham Radio 2015」が、現地時間の6月26日(金)~28日(日)の3日間、ドイツ南部のフリードリヒスハーフェン・メッセで開催された。これは初日である6月26日(金)朝9時の様子

 

さすがドイツ! お昼からビールが飛ぶように売れる

さすがドイツ! お昼からビールが飛ぶように売れる

開放的なステージでさまざまな講演が行われている

開放的なステージでさまざまな講演が行われている

 

 

 ドイツで開催されている「Ham Radio」は、アメリカの「Dayton Hamvention(デイトン・ハムベンション)」、そして日本の東京ビッグサイトで開催される「ハムフェア(アマチュア無線フェスティバル)」と共に、世界3大アマチュア無線イベントの1つに数えられる有名なものだ。

 

 現地からのリポートによると、日本メーカーはアイコム、JVCケンウッド、八重洲無線の無線機器メーカーを中心に、アンテナメーカーも出展。ルソーが巨大タワーを展示するなど、精力的にプロモーションを行っている。

 

 

 

hamradio2015-0051  hamradio2015-0048

ルソーのブースでは、この季節らしくスタッフが浴衣でのオモテナシ。左はお馴染み巨大クランクアップタワーを基部側から見た様子

 

hamradio2015-0052  hamradio2015-0056

八重洲無線ブースでは「FT-991」を2台展示。FTDXの各シリーズに人だかりが…。「DR-1XE」はC4FM対応の欧州向けデジタルレピータ装置

 

hamradio2015-0060  hamradio2015-0065

白を基調としたひと際目立つアイコムのブース。「ID-51E PLUS」の「PLUS」とは、日本でいうところの「新機能プラスモデル」ということ。特長は「DV Fastモード」に新規対応。希望小売価格は524ユーロ

 

アイコムのブースにあったHF帯オールバンドトランシーバー「IC-718」。IC-7200よりも下位のモデルで、価格は680.39ユーロ

アイコムのブースにあったHF帯トランシーバー「IC-718」。IC-7200よりも下位のエントリーモデルで、価格は680.39ユーロ

 

hamradio2015-0058  hamradio2015-0109

JVCケンウッドのブース。「TS-990S」を2台を展示。右は446MHz帯を使用するヨーロッパ版の特定小電力無線機(Personal Mobile Radio)「PMR446」

 

 

 

 とくにアイコムブースでは「IC-718」という、聞き慣れないHF帯のコンパクトなトランシーバを発見! IC-7200よりも下位のエントリーモデルで日本では未発売。希望小売価格は680.39ユーロだった。

 

 また日本ではなかなかお目にかかれないヨーロッパ勢のメーカー展示も多く、いま話題の「SDR=Software-defined radio(ソフトウェア無線)」の機器展示が充実。アンテナ類では、住宅事情!?の関係だろうか、「ミニループ系」が目立ったということである。

 

 

 

強固なラックに収められたHytera社のDMR(Digital Mobile Radio)方式のレピータ装置。日本以外でメジャーなレピータ装置だ

強固なラックに収められたHytera社のDMR(Digital Mobile Radio)方式のレピータ装置。日本以外でメジャーなレピータ装置だ

ドイツ・Hilberling社のHF/VHFトランシーバー「PT-8000A」。13,290ユーロ(マイクと電源などを含む)。価格帯としてはIC-7851クラスに相当にあたる

ドイツ・Hilberling社のHF/VHFトランシーバー「PT-8000A」。13,290ユーロ(マイクと電源などを含む)。価格帯としてはIC-7851クラスに相当する

 

Handelsonderneming Veenstra社のブースでは、第一電波工業製のアンテナ価格表が貼ってあった。メーカー自身ではなく販売店が展示している場合もある

Handelsonderneming Veenstra社のブースでは、第一電波工業製のアンテナ価格表が貼ってあった。メーカー自身ではなく販売店が展示している場合もある

「D-Original Antenna」というブランドのアンテナ。どこかで見たような緑色パッケージに入っているが、実際の商品は「DX」というシリーズ

「D-Original Antenna」というブランドのアンテナ。どこかで見たような緑色パッケージに入っているが、実際の商品は「DX」というシリーズ

 

会場では、マグネチックループアンテナが目に留まる。写真奥は同軸ケーブルで組んだ例。手前はエレメントの三分割が可(597ユーロ)。チューナー部は共通で、Chameleon Antenna社のもの

会場では、マグネチックループアンテナが目に留まる。写真奥は同軸ケーブルで組んだ例。手前はエレメントの三分割が可(597ユーロ)。チューナー部は共通で、Chameleon Antenna社のもの

イタリアのChiro Mazzoni社「Baby Loop」。名前の割にサイズが大きい。写真の青いアンテナでいうと、左側半分のエレメントそのものが可動する。価格はコントローラ込みで1,210ユーロ

イタリアのChiro Mazzoni社「Baby Loop」。名前の割にサイズが大きい。写真の青いアンテナでいうと、左側半分のエレメントそのものが可動する。価格はコントローラ込みで1,210ユーロ

 

Elad社のSDRトランシーバー「FDM-DUO」。999ユーロだった

Elad社のSDRトランシーバー「FDM-DUO」。999ユーロだった

Hilberling社の新製品の1kWリニアアンプ「HPA-8000B」。価格は5,980ユーロ

Hilberling社の新製品の1kWリニアアンプ「HPA-8000B」。価格は5,980ユーロ

 

 

 

続いて次ページは… フレアマーケット(フリーマーケット)と団体ブースへ

国内では手に入らない、見る機会も少ないジャンクの数々が並ぶなど、盛況を博している。

 

 

1 2 3

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」