hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <NB1とNB2の同時ONが可能に>JVCケンウッド、「TS-590Gシリーズ」「TS-590シリーズ」の最新ファームウェアを公開

<NB1とNB2の同時ONが可能に>JVCケンウッド、「TS-590Gシリーズ」「TS-590シリーズ」の最新ファームウェアを公開

株式会社JVCケンウッドは7月28日、HF~50MHz帯のオールモード機「TS-590Gシリーズ(TS-590SG/DG/VG)」と「TS-590シリーズ(TS-590S/D/V)」の最新ファームウェアを公開した。いずれも導入後はノイズブランカーのNB1とNB2が同時ONできるようになる。さらにラジオコントロールプログラムのARCP-590G/ARCP-590、ホストステーション用アプリケーションのARHP-590G/ARHP-590もアップデートされた。

 

 

HF~50MHz帯のオールモードトランシーバー・TS-590シリーズ

HF~50MHz帯のオールモードトランシーバー・TS-590シリーズ

 

 

 

JVCケンウッドによると、公開された最新ファームウェアとアップデートされた内容は次のとおり。

◆TS-590SG/DG/VG ファームウェア Ver.1.02(2015年7月28日)
1.NB1とNB2を同時にONにすることができるようになりました。
・ノイズ・ブランカーがOFFのときに[NB(LEV)]を長く押すと、NB1とNB2が同時にONになります。再度[NB(LEV)]を押すと、ノイズ・ブランカーはOFFになります。
・NB1とNB2を同時にONにしているときは、ノイズ・ブランカーレベルの設定はできません。一度ノイズ・ブランカーをOFFにして、NB1またはNB2をON にしてから設定してください。

◆ARCP-590G Ver.1.02 (2015年7月28日)
・TS-590SG/DG/VGファームウェアVer.1.02に対応しました。
・COM1~COM256に対応しました。
・[ツール(Tool)] – [設定(Setup)]ダイアログ・ボックスで、[ボー・レート(Baud Rate)]の設定値に「自動(Auto)」を追加しました。

◆ARHP-590G Ver.1.01(2015年7月28日)
・COM1~COM256に対応しました。
・[ツール(Tool)] – [設定(Setup)]ダイアログ・ボックスで、[ボー・レート(Baud Rate)]の設定値に「自動(Auto)」を追加しました。

 

 

◆TS-590S/D/V ファームウェア Ver.2.01(2015年7月28日)
1.NB1とNB2を同時にONにすることができるようになりました。
・ノイズ・ブランカーがOFFのときに[NB(LEV)]を長く押すと、NB1とNB2が同時にONになります。再度[NB(LEV)]を押すと、ノイズ・ブランカーはOFFになります。
・NB1とNB2を同時にONにしているときは、ノイズ・ブランカーレベルの設定はできません。一度ノイズ・ブランカーをOFFにして、NB1またはNB2をONにしてから設定してください。

◆ARCP-590 Ver.2.02(2015年7月28日)
・TS-590S/D/V ファームウェアVer.2.01に対応しました。
・COM1~COM256に対応しました。
・[ツール(Tool)] – [設定(Setup)]ダイアログ・ボックスで、[ボー・レート(Baud Rate)]の設定値に「自動(Auto)」を追加しました。

◆ARHP-590 Ver.2.01(2015年07月28日)
・COM1~COM256に対応しました。
・[ツール(Tool)] – [設定(Setup)]ダイアログ・ボックスで、[ボー・レート(Baud Rate)]の設定値に「自動(Auto)」を追加しました。

 

 

●関連リンク:
・TS-590SG/DG/VGファームウェア
・ラジオコントロールプログラム ARCP-590G
・ホストステーション用アプリケーション ARHP-590G
・TS-590S/D/Vファームウェア
・ラジオコントロールプログラム ARCP-590
・ホストステーション用アプリケーション ARHP-590

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」