hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 運用情報 > <各国のスカウト20名が国際宇宙ステーションと交信>世界スカウトジャンボリー会場(山口県山口市)から、ARISSスクールコンタクトに成功!!

<各国のスカウト20名が国際宇宙ステーションと交信>世界スカウトジャンボリー会場(山口県山口市)から、ARISSスクールコンタクトに成功!!

7月31日(金)夜、山口県山口市を会場に開催されている「第23回世界スカウトジャンボリー」会場に設置された同イベントの記念局(臨時局)「8N23WSJ」に集合した世界各国のスカウトたちと、国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙飛行士の間で「ARISSスクールコンタクト」が行われ無事成功した。

 

 

8N23WSJのQSLカード

8N23WSJのQSLカード

 

 

 今回のARISSスクールコンタクトは、世界各国のスカウト約3万名を集めて7月28日から8月8日まで開催されている「第23回世界スカウトジャンボリー」の科学教育プログラムのひとつとして企画されたもの。日本国内と世界各国からそれぞれ選抜された10名ずつ、合計20名のスカウトたち(14~17歳)が、ISS搭乗中のチェル・リングリン宇宙飛行士(KO5MOS)に質問をする形式で7月31日の20時26分から行われた。

 

 

ARISSスクールコンタクトの模様

ARISSスクールコンタクトの模様

 

 

運用に使用した機器

運用に使用した機器

 

 準備は31日の14時頃から、8N23WSJの会場敷地内に144MHz帯のクロス八木を設置するところから始まり、夕方からは質問するスカウトたちによる入念なリハーサルが行われ、準備万端を整えて20時26分からの本番に備えた。こうしたアンテナ設営やリハーサル、会場整理などは世界ジャンボリーに参加している各国のスカウトたちの手によって進められ、指示やレクチャー、交信イベントの司会などはすべて英語で行われた。

 

 

20名のスカウトが次々に質問

20名のスカウトが次々に質問

 

 

ISSとの交信に使用したクロス八木

ISSとの交信に使用したクロス八木

 

 この日のISSの軌道は日本列島上空を西から東へほぼトレースする絶好のパス。地上から「NA1SS、This is 8N23WSJ Over」という呼びかけに応答してきたISS側の信号は強力で、「ISSではお風呂はどうしていますか?」「病気になったらどうしますか?」などスカウトたちの英語による質問にチェル・リングリン宇宙飛行士が丁寧に回答。無事に20名全員が交信を終えることができ、会場内は終了と同時に歓声に包まれた。

 

 

●関連リンク:

・ARISS Japan

・中国総合通信局 「第23回世界スカウトジャンボリー」開催を記念した特別な識別信号を使用したアマチュア局の免許状を交付

・第23回世界スカウトジャンボリー

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」