hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > 特集/企画/連載 > 特集 > ハムフェア2015 > <注意!持参が必要な書類などあり>関東総通、「ハムフェア2015」会場でアマチュア局電子申請利用の体験ブースをオープン

<注意!持参が必要な書類などあり>関東総通、「ハムフェア2015」会場でアマチュア局電子申請利用の体験ブースをオープン

関東総合通信局は8月22日(土)、23日(日)の2日間、東京・ビッグサイトで開催される「ハムフェア2015」会場において、アマチュア局を対象とした「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite」を利用した「アマチュア局電子申請利用の体験ブース」を出展する。当日は「新規ユーザ登録申し込み」「再免許電子申請模擬体験」「再免許電子申請の送信」のタッチアンドトライに参加することができるが、無線従事者免許証や無線局免許状など、持参が必要な書類があるので事前に確かめておこう!

 

 

 

 毎年、関東総合通信局が「ハムフェア」の会場に出展している「アマチュア局電子申請利用の体験ブース」。「総務省 電波利用 電子申請・届出システムLite」を体験しながら、スタッフがマンツーマンでパソコンの画面の操作から入力の方法まで教えてくれる。

 しかし、いざ体験しようとするとき事前に無線従事者免許証や無線局免許状など、持参が必要な書類があるので忘れずに!

 

 

 

昨年の「ハムフェア2014」におけるアマチュア局電子申請利用体験ブースの様子(報道資料から)

昨年の「ハムフェア2014」におけるアマチュア局電子申請利用体験ブースの様子(報道資料から)

 

 

 

【新規ユーザ登録申し込み】
 Liteシステムの利用に必要なユーザ登録申し込みがその場でできる(新規に登録される方に限る)
 必要なもの:(1)無線従事者免許証(2)無線局免許状(現在、アマチュア局を開設している方のみ)(3)E-mailアドレス

 

 

【再免許電子申請模擬体験】
 Liteシステムでの再免許の申請入力体験がでる(ユーザー登録をしていなくても体験可能)

 必要なもの:(1)無線従事者免許証(2)無線局免許状(ユーザー登録していない方は体験用データで体験)

 

 

【再免許電子申請の送信】
 Liteシステムでの再免許申請入力・送信ができる(再免許申請が可能な条件を満たす場合に限る)

 必要なもの:(1)無線従事者免許証(2)無線局免許状(3)LiteシステムのID・パスワード

 

※タッチアンドトライではスタッフがご説明しながら、本人により操作・入力を行う。

※新規ユーザー登録申し込みをすると、所要の審査を含めて約1週間程度でID・パスワードが郵送される。

※一度に多数の方に来場した場合は、タッチアンドトライへの参加を待つことがある(順番に案内)。

※上記【再免許電子申請模擬体験】で、本人のユーザーIDでログインし入力されたデータは、希望によりCD-R(無料)に保存してお持ち帰りができる(数に限りがあるので1人1回限り。なお、CD-Rの配布はなくなり次第終了)。

 

 

 なお、関東総合通信局では、上記出展内容は予定であり、諸事情により変更する場合もあると案内している。

 

 

 

●関連リンク:関東総合通信局 「ハムフェア2015」にアマチュア局電子申請利用の体験ブースを出展します。

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」