hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2022QSOパーティ

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 運用情報 > <茨城県つくば市内から1日限定>10月25日(日)、茗溪学園中学校高等学校の教室内に仮設して「8N100ICT/1」を運用

<茨城県つくば市内から1日限定>10月25日(日)、茗溪学園中学校高等学校の教室内に仮設して「8N100ICT/1」を運用

10月25日(日)、平磯無線(NICT平磯太陽観測施設)創立100周年/標準電波JJY開局75周年/NICT国立研究開発法人化記念局「8N100ICT」は、茗溪学園中学校高等学校(茨城県つくば市稲荷前1-1)の教室内から、同校の科学部無線工学班の生徒、および国立研究開発法人産業技術総合研究所つくばセンター(AIST、茨城県つくば市梅園1-1-1)に勤務するアマチュア無線家らの参加を得て1日限定での運用を予定している。

 

 

「8N100ICT」は、逓信省電気試験所平磯出張所の開設100周年などにちなみ、2014年12月1日から2015年11月30日まで記念運用を行っている。これまで、ゆかりのある場所に移動してオンエアーしてきたほか、各地で開催される科学イベントに出展し、電波と無線に関する科学技術を紹介する活動を続けてきた。

 

 今回、「茗溪学園中学校高等学校」の科学部無線工学班(JJ1YAF)は、コンテストにおいて全国上位入賞の常連校として知られ、記念局活動を通じて次世代の技術者・研究者の育成に役立てたいということから、将来の科学技術を担う中高生たちに「8N100ICT」の運用を経験する機会を提供するという。

 

 一方、「国立研究開発法人産業技術総合研究所」は、平磯出張所を設けた逓信省電気試験所の本家筋に当たる機関ということから、同所に勤務するアマチュア無線家らの参加を得て平磯出張所100周年を記念する活動を合同で行うことになった。

 

 

茗溪学園中学校高等学校におけるアマチュア無線記念局「8N100ICT/1」運用概要

 

運用日時:2015年10月25日(日)10~16時 ※雨天決行
(無線設備の設置調整に要する時間により、運用時間は前後する場合があります)

運用場所:茗溪学園中学校高等学校(茨城県つくば市稲荷前1-1)

コールサイン:8N100ICT/1

運用予定周波数帯(予定):7/21/28/50/144/430MHz帯

主催:無線通信研究アニバーサリーアマチュア無線記念局リレー実行委員会

※運用の現場は一般非公開

 

 

●関連リンク:
・「電離層観測発祥の地」開設100周年を記念するアマチュア無線局がつくば市内で1日限定開局
・茗溪学園中学校高等学校
・8N100ICT
・無線通信研究アニバーサリー アマチュア無線記念局リレー
・独立行政法人 情報通信研究機構

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)