hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <GPS測位性能を大幅強化!>八重洲無線、C4FMデジタル対応の新製品「FT1XD」「FTM-400XD/XDH」を発表!!

<GPS測位性能を大幅強化!>八重洲無線、C4FMデジタル対応の新製品「FT1XD」「FTM-400XD/XDH」を発表!!

八重洲無線株式会社は10月30日、C4FMデジタルモード対応144/430MHz帯トランシーバーの新製品として、ハンディタイプの「FT1XD」と、デュアルバンドモービル機の「FTM-400XD/XDH」を発表した。いずれも準天頂衛星みちびきにも対応した66チャンネル高精度・高感度GPSレシーバーを内蔵し、従来モデルのFT1D、FTM-400D/DHよりも測位時間の短縮、測位精度の向上を実現している。

 

 

八重洲無線のFT1XD。従来も出るよりも測位性能が向上し、大型のバッテリーパックが付属する

八重洲無線のFT1XD。従来モデルよりも測位性能が向上し、FT2Dと同じ大容量バッテリーパックが付属。カラーはブラックのみ

 

 

 八重洲無線はC4FMデジタルモード搭載のハンディ機「FT1D」を2013年4月から、モービル機の「FTM-400D/DH」を2013年8月から発売しているが、2015年10月30日にいずれもマイナーチェンジが実施され、新モデルの「FT1XD」「FTM-400XD/XDH」が発表された。

 従来モデルとの最大の違いは、いずれも「準天頂衛星みちびき」に対応した66チャンネル高精度・高感度GPSレシーバーを内蔵している点。これによって従来モデルのFT1D、FTM-400D/DHよりも測位時間の短縮、測位精度の向上を実現したという。その他の機能に大きな変更点はない模様。

 FT1XDの標準価格は54,800円(税別)。従来販売されていたFT1DやFT1Dヘビーデューティーパッケージよりも安くなり、これまで以上に大容量(2,200mAh)のリチウムイオン電池パック「SBR-14LI」(FT2Dの標準付属品と同じ)と、GPS位置データの入出力にも対応したPCコネクションケーブル(USB)の「SCU-19」が付属、ベルトクリップもスプリング式の「SHB-13」となる。

<参考>
FT1D
標準価格59,800円(税別)
1,100mAh リチウムイオン電池パック(FNB-101LI)付属

FT1Dヘビーデューティーパッケージ
標準価格61,300円(税別)
1,800mAh リチウム電池イオンパック(FNB-102LI)付属

FT1XD
標準価格54,800円(税別)
2,200mAh ロングライフリチウムイオン電池パック(SBR-14LI)付属

 

八重洲無線のFTM-400XD/XDH。こちらも測位性能が向上した

八重洲無線のFTM-400XD/XDH。こちらも測位性能が向上した

 

 またFTM-400XDの標準価格は79,800円(税別)、FTM-400XDHは84,800円(税別)と、こちらはFTM-400D/DHと変わらない価格設定で、標準付属品にも変化はないようだ。

 いずれも発売開始は2015年11月後半とみられている。詳細は下記関連リンクで。

 

 

●関連リンク:
・FT1XD(八重洲無線 商品情報)
・FTM-400XD/XDH(八重洲無線 商品情報)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」