hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <写真で見る>10月22日に成功した長野県佐久市の「ARISSスクールコンタクト」の模様

<写真で見る>10月22日に成功した長野県佐久市の「ARISSスクールコンタクト」の模様

2015年10月22日、長野県佐久地域の小学生らが「佐久市子ども未来館」に集まり、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の油井亀美也宇宙飛行士と144MHz帯のアマチュア無線を使った交信(ARISSスクールコンタクト)に成功した。当日の模様を関係者から提供された写真で紹介しよう。

 

 

ariss-saku-07

ARISSスクールコンタクト、8N0SDFの交信風景

 

 

「ARISSスクールコンタクト」は、子供たちへの宇宙や科学に興味を持ってもらうため、NASA(米航空宇宙局)が行っている教育プログラム。日本でもさまざまな小中学校などが申し込み、アマチュア無線関係者の協力を得て実施してきた。今回の長野県佐久市での交信成功は日本での83例目となった。

 当日は事前に申し込みを行い、練習を重ねてきた佐久市とその周辺地域の小学生10名が、長野県出身の油井亀美也宇宙飛行士と交信に挑戦。会場となった「佐久市子ども未来館」のプラネタリウムはその様子を見守る市民たちで満席になったという。

 交信は18時52分からスタート。懸念された混信や妨害などもなく、子供たちはクリアな信号で約10分間の交信を行い、油井宇宙飛行士とのQ&Aを楽しんだり、メッセージに興味深く聞き入ったという。

 今回のARISSスクールコンタクトには、臨時局(8N0SDF)の免許人となった「佐久ARISSアマチュア無線クラブ」をはじめ、多数のアマチュア無線関係者がサポートを行った。同クラブ代表の小柳昭喜氏(JH0TIS)は、hamlife.jpの取材に、「交信に参加した子供たちの中には、アマチュア無線に興味を持った子が数人います。過去2回、私が関わったARISSスクールコンタクトの中ではなかったことです。嬉しいので講習会を開こうと準備を進めています」と述べている。

 では関係者から提供された当日の写真を紹介しよう。

 

★「佐久市子ども未来館」のARISSスクールコンタクトの模様(小さな写真はクリックで拡大)

ariss-saku-01 ariss-saku-02 ariss-saku-03 ariss-saku-04 ariss-saku-05 ariss-saku-06

 

ariss-saku-12

ARISSスクールコンタクト、8N0SDFの交信風景

 

ariss-saku-08 ariss-saku-09 ariss-saku-10 ariss-saku-13 ariss-saku-14 ariss-saku-11

 

 イベント終了後は、交信した小学生らが多数の新聞社やテレビ局から取材を受け、その模様は翌日以降にさまざまなメディアで紹介された(掲載記事やニュース動画は下記関連リンク参照のこと)。

 

ariss-saku-15 ariss-saku-16

 

ariss-saku-17

参加した小学生や関係者らが記念撮影

ariss-saku-18

会場入口には油井亀美也宇宙飛行士への寄せ書きコーナーも設けられた

 

 

●関連リンク:
・【動画あり】宇宙滞在の油井さん 長野の子どもたちと交信(NHK NEWS WEB)
・【動画あり】油井さんと子どもたちが交信(NHK NEWS WEB 首都圏)
・アマ無線で「油井さん質問!」小学生 宇宙と交信(信毎Web)
・長野)油井飛行士と無線で交信 佐久で催し(朝日新聞DIGTAL)
・ISS:油井さんと小学生交信 アマ無線愛好家が協力(毎日新聞)
・油井宇宙飛行士とのアマチュア無線交信イベント 無事終了しました!(佐久市子ども未来館)
・NHK長野『ひるとく』で油井宇宙飛行士との交信イベント開催の様子などが放映されます(佐久市子ども未来館)

・「油井亀美也宇宙飛行士とのアマチュア無線で直接交信」開催します(佐久市子ども未来館)
・「きぼう」/ISSの目視予想情報(国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構/JAXA)
・Twitter 油井宇宙飛行士(@Astro_Kimiya)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」