hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <11月23日締め切り、今回からWeb申し込み可能>JARD、2016年1月期の2アマ養成課程講習会(eラーニング短縮コース)の募集を開始

<11月23日締め切り、今回からWeb申し込み可能>JARD、2016年1月期の2アマ養成課程講習会(eラーニング短縮コース)の募集を開始

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は11月6日、2016年1月期の「第二級アマチュア無線技士養成課程講習会(eラーニング短縮コース)」の募集を開始した。募集定員は150名、今回からWebサイトの入力フォームからの申し込みが可能になった。締め切りは11月23日(郵送の場合は11月20日消印有効)となっている。

 

JARD発表の募集要項より

JARD発表の募集要項より

 

 

 3アマ資格所持者を対象にJARDが行う「第二級アマチュア無線技士養成課程講習会(eラーニング短縮コース)」は、2015年7月期、10月期に次いで今回が3回目の開催だ。募集定員は150名となっている。

 申し込みはきょう11月6日(金)から開始され、11月23日(月・祝)が締め切り。過去2回は指定の申込書類をダウンロードし郵送での申請のみだったが、今回からはWeb上の入力フォームに必要事項を記入してのオンライン申し込みも可能になった。以下に概要を抜粋しよう。

 

●募集

・募集期間:平成27年11月2日(月)~23日(月)※郵送の場合は20日消印有効

・お申込み方法:オンラインによる申し込みフォーム、または郵送

・定員:150名
 ※10月期で1月期優先申込みの案内をお送りした方は、改めてお申込みの必要はございません)
 ※今回、定員を超えるお申込みがあった場合、抽選で受講者を決定します。

 

●受講者の条件

・第三級(電信級)アマチュア無線技士の従事者免許証の資格を有する方。
 但し、欠格事由のある方は、今回のお申込が出来ません。

・インターネット環境があり、簡単なパソコン操作(Webサイト閲覧、メールの送受信等)が可能な方。

 

●受講料

・49,750円(無線従事者免許申請手数料1,750円及び消費税を含む)
 受講料のお支払いは、受講内定後に当協会の指示に従い郵便局に払い込みして下さい。なお、一度お支払い頂きました受講料は、原則として返金いたしませんのでご了承下さい。

・修了試験の再受験を受験される場合は、再受験料5,000円が別途必要となります。

 

●授業科目と受講期間

・法規17時間、無線工学29時間

・ 受講開始から修了試験までの受講期間を標準3か月、最長でも6か月以内とします。

 

今回からWebの入力フォームで手続きができるようになった

今回からWebの入力フォームで手続きができるようになった

 

 なおJARDによると、10月1日からスタートした2015年10月期の第二級アマチュア無線技士養成課程(eラーニング)において、受講者358名の中からすでに24名が修了試験に合格したという。ほかにCBT方式の修了試験の受験申し込みまで至っている受講者も34名いるという。

 また7月1日からスタートした、初回となる2015年7月期の同養成課程では、47名中これまでに27名が修了試験に合格、さらに10名近くが修了間近となっているという。

 JARDは「二アマeラーニングでは、CBT形式の修了試験を採用しており、全国150箇所の会場から受験会場を選択することが可能となっています。今回の修了試験合格者もこのCBT形式の修了試験を利用し合格となりました。eラーニングの受講者からは、都合の良い時間に学習でき、都合の良いときに試験を受けられるので大変便利だ。eラーニングをきっかけに、久しぶりに勉強をした。これを機会に一アマにも挑戦してみたい。教科書が盛りだくさんではじめは大変だと思ったが、こつこつと取り組んで何とかやり遂げられた。などの声をいただいています。 えラーニングシステムを利用することで、日本全国から受講して頂けます」と告知している。

 

 

●関連リンク:
・1月期 第二級アマチュア無線技士養成課程講習会(eラーニング短縮コース)の開催について(JARD)
・10月期二アマeラーニングの修了者、早くも24名誕生(JARD)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)