hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <1980年代“アマチュア無線ブーム”の火付け役>映画「私をスキーに連れてって」、12月21日(月)にNHK BSプレミアムで放映!


<1980年代“アマチュア無線ブーム”の火付け役>映画「私をスキーに連れてって」、12月21日(月)にNHK BSプレミアムで放映!

スキー場を舞台に若者の恋をさわやかに描いた、1987年の日本映画「私をスキーに連れてって」が、12月21日(月)21時からNHK BSプレミアムで放送される。作品中ではアマチュア無線機が主人公たちの連絡ツールとして大活躍する。当時、この映画に触発されアマチュア無線の資格を取得した若者も多く、1980年代終盤の“アマチュア無線ブームの火付け役”と言われている。

 

 

NHK BSオンラインの予告より

NHK BSオンラインの予告より

 

 

 ホイチョイ・プロダクション原作、馬場康夫監督の映画「私をスキーに連れてって」は、主人公のスキーが大好きなサラリーマンに三上博史、スキー場で出会ったヒロインに原田知世、そのほか原田貴和子、高橋ひとみ、布施博、沖田浩之、竹中直人、田中邦衛らが出演する1987年11月公開の作品だ。

 

 映画には、当時の若者の間で流行していたツールが多数登場する。その一つがアマチュア無線機だ。主人公らは144MHz帯のハンディ機(IC-μ2)などを持ち歩き、車やゲレンデの連絡用としてスマートに活用する。携帯電話や自動車電話がまだ一般的でなかった時代(自動車電話の全国サービスは1984年から開始)、アマチュア無線のハンディ機は最先端の連絡ツールという位置づけだったのだろう。

 

映画の中ではIC-μ2などのアマチュア無線機も登場する (C)1987 フジテレビ/小学館

映画の中ではIC-μ2などのアマチュア無線機も登場する (C)1987 フジテレビ/小学館

 

 ちなみに、映画公開の8か月前である、1987年3月末現在のアマチュア無線局数は74万9000局で、毎年4万局前後増加していた。ところが翌1988年3月末には82万5000局、1989年3月末には91万6000局、1990年3月末は102万7000局と、映画公開後は年間8~10万局というハイペースで増加するようになり、1995年に136万4000局のピークを迎えることになる。

 

 映画の中で、主人公役の三上博史は「JM1OTQ」、仲間の布施博は「JH1TUR」、沖田浩之は「JO1MHN」というコールサインを使用しているが、これらは映画のエンドロールに出る原作者、ホイチョイ・プロダクションのメンバーのコールサインだという調査結果もある。

 

 そんなアマチュア無線のシーンに注目しながら、12月21日(金)は「私をスキーに連れてって」を鑑賞してみてはいかがだろうか。ちなみにNHK BSプレミアムでは、このほかにも下記のホイチョイ・プロダクション原作、馬場康夫監督の映画の放映が予定されている。

 

・「波の数だけ抱きしめて」 12月18日(金)13:00~14:45
・「彼女が水着にきがえたら」 12月11日(金)13:00~14:44
・「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 1月12日(火)21:00~10:57

 

 

 

 

●関連リンク:
・NHK BSオンライン 映画カレンダー
・JM1OTQ (JJ1WTL 本林氏のブログ CIC)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】