hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <必見!技術担当による解説>CQオーム、アイコムの新製品「IC-7300試聴体験会」における講演会動画「15分で分かるIC-7300」を公開

<必見!技術担当による解説>CQオーム、アイコムの新製品「IC-7300試聴体験会」における講演会動画「15分で分かるIC-7300」を公開

岐阜県岐阜市のアマチュア無線ショップ「CQオーム」は、1月23日(土)と24日(日)の2日間、アイコム株式会社の最新機種「IC-7300」の試聴体験会を開催した。会場内ではアイコムの技術スタッフによるミニ講演会が行われ、その模様を収録した「IC-7300超解説! 15分で分かるIC-7300! IC-7300講演会inCQオーム」という動画をこのほど公開した。

 

 

IC-7300(アイコム提供写真)

IC-7300(アイコム提供写真)

 

 

 2015年12月7日に正式発表を行ったコンパクトサイズのHF+50MHz帯オールモード機「IC-7300」。2016年1月16日から実機販売が開始されている。CQオームで開催されたアイコムの技術スタッフによるミニ講演会は、2日間の会期中に6回行われたが、毎回、会場いっぱいの参加となり、質疑応答も大いに盛り上ったということだ。

 

 CQオームではその講演会の模様を収録した動画を作成した。同店は「アイコムIC-7300試聴体験会内で行われた講演会ですが、アイコムさんの許可を得まして、動画完成! 約15分、IC-7300の魅力を徹底解説! ぐいぐい引き込まれて、IC-7300が欲しくなること間違いなしの危険な動画です…笑」と紹介している。

 

 動画は「高速、高解像度、リアルタイムスペクトラムスコープ」「性能やクラスを超越するC/N特性の実現」「操作性を向上させるマルチダイヤル」「その他の主な機能、特長」といった内容だが、特にリアルタイムスペクトラムスコープについては、従来は2つの受信回路を要していたものが、初となる「RFダイレクト・サンプリング方式」の採用により部品点数を大幅に削減したことを説明。この内容で、希望小売価格139,800円(税別)を実現できたことなど、技術スタッフによる興味深い解説が収められている。

 

 

●IC-7300超解説! 15分で分かるIC-7300! IC-7300講演会inCQオーム

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・IC-7300試聴体験会のまとめ(CQオーム ブログ)
・CQオーム

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」