hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <台湾のアマチュア無線連盟が呼びかけ>台湾大地震に伴う非常通信実施、7.060MHz、7.050MHz、3.560MHzをクリアに!!


<台湾のアマチュア無線連盟が呼びかけ>台湾大地震に伴う非常通信実施、7.060MHz、7.050MHz、3.560MHzをクリアに!!

2016年2月6日の未明に発生した、台湾南部の高雄市を震源とするマグニチュード6.4の大地震で、同市内の複数のビルが倒壊するなど、7日午後現在で24人が死亡し500人以上のけが人が出ている。そのため、台湾のアマチュア無線連盟であるCTARL(Chinese Taipei Amateur Radio League)は、HF帯の7.060MHz、7.050MHz、3.560MHzを非常通信に使用するため、同周波数をクリアにして欲しいと呼びかけている。IARU第3地域非常通信委員会議長のVK3PC ジム・リントン氏が伝えた。

 

 

 

 日本からの7MHz帯、3.5MHz帯の信号は時間帯によっては台湾へ強力に届く。現地の非常通信の妨げにならぬよう、7.060MHz、7.050MHz、3.560MHzおよびその周辺はクリアにすることを心掛けたい(7.060MHz±5kHzで非常通信を行っているとの情報もある)。

 

 

 

●関連リンク:
・Earthquake in Taiwan(Southgate Amateur Radio News)
・台湾南部地震に伴う非常通信の可能性に関して(JO1EUJ 髙橋氏のブログ)
・CTARL

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」