hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <参加連絡は4月25日まで>5月7日(土)、東京・秋葉原で「JA1AMH 高田継男さんを送る会」開催

<参加連絡は4月25日まで>5月7日(土)、東京・秋葉原で「JA1AMH 高田継男さんを送る会」開催

2016年2月6日に81歳で永眠された、ミズホ通信株式会社創業者の高田継男氏(JA1AMH)の思い出やエピソード、感謝の気持ちを語り合う「JA1AMH 高田継男さんを送る会」が、5月7日(土)13時から東京・秋葉原の千代田万世会館で開催される。呼びかけ人は元「FCZ研究所」の大久保 忠氏ら。参加希望者は4月25日(月)までに連絡が必要、会費は3,000円。

 

 

 

 マイクロ・パワー研究所が運営する「ミズホ通信研究所」のWebサイトで告知された、この会の概要を紹介する。

 

 

「JA1AMH高田継男さんを送る会」について

 

 桜の開花が北上しつつある今日このごろですが、皆さまにおかれましてはお元気でお過ごしのことと思います。
 すでにご存知のことと思いますが、高田継男さん(元ミズホ通信代表・JA1AMH)は、本年2月6日に81歳で永眠されました。心より哀悼の意を表します。ご遺志により、すでに御親族のみで葬儀が執り行われたとのことです。

 

 高田さんはトリオ時代に9R-59やTX-88Aを設計し、また、ミズホ通信を起業してからはさまざまなキットやピコシリーズなどの無線機を開発し、さらに雑誌の電子工作の記事や「完全丸暗記」の著者として、アマチュア無線家やラジオの愛好者にとっていろいろな意味で頼りになる大きな存在でした。

 

 この度、高田さんとご縁のあった方々にお集り頂き、高田さんへの思い出やエピソード、高田さんへの感謝の気持ちを語り合いたいと思い、下記のとおり「送る会」を計画いたしました。お忙しい中とは思いますがぜひご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

 

◆日時:2016年5月7日(土) 13時~16時

 

◆場所:秋葉原 千代田万世会館
   東京都千代田区外神田1-1-7 ( http://chiyoda-manseikaikan.jp/

 

◆会費:3,000円(会場費および軽食代として)

 

◆呼び掛け人:
 大久保 忠(元 FCZ研究所)
 JA8IRQ / 福島 誠(JARL QRP CLUB会長)
 JG1CCL / 内田 裕之(全国・電波ホットスポット探検隊通信係)
 高橋 淳(マイクロ・パワー研究所)

 

◆参加連絡:メールで 73_ja1amh@jaqrp.net 宛て
 ※準備の都合上、4月25日(月)ころまでにご連絡ください。

 

◆その他:
・参加人数によっては時間が前後に変更する場合があります。その際はメールで連絡します。
・会場は葬祭場ですが焼香などは行いません。どうぞ普段着でお越しください。
・「高田さんの思い出」をメールでお送りください。印刷して当日、配布させていただくことがあるほか、Web上のQRPクラブの会報(特別号)に掲載させていただきます。

 

◆連絡先:JA8IRQ / 福島 誠(電話 070-5612-7910)

 

 

 

●関連リンク:「JA1AMH高田継男さんを送る会」について(マイクロ・パワー研究所/ミズホ通信研究所)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」