hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2021年1月2日~7日開催 お正月をQSOパーティ de 楽しもう!

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 1位は、デジタル文字通信「JT65」のオフバンド運用したハム5人に厳しい行政処分--4月24日(日)~4月30日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

1位は、デジタル文字通信「JT65」のオフバンド運用したハム5人に厳しい行政処分--4月24日(日)~4月30日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキング1位になったのは、総務省関東総合通信局三浦電波監視センター(神奈川県三浦市)の電波監視により発覚した、“日本のアマチュア局には使用を許可していない周波数”を使用し、デジタル文字通信「JT65」を行っていた無線従事者の資格を持つ5名に対して行政処分を行ったというニュースだ。とくにJA局の「JT65」使用区分逸脱が目立つため、総務省では具体的な周波数例を挙げた上で、「電波法違反であり処罰の対象となります」「違反局に対しては必要に応じて適切な措置を講じていくこととしています」と異例の警告を行っている。

 

admin-ajax.php

 

 

 続く2位は「<再開までの11日間を写真で紹介>熊本地震で被災したショップ『無線のクマデン』、きょう25日から営業再開!!」。熊本市東区の無線ショップ「無線のクマデン(熊電総業)」の店舗が、4月14日(木)に発生した前震と、16日(土)に発生した本震の熊本地震により大きな被害を受け営業できない状態に陥った。一時は再開の目処が立たないほどの被害だったが、懸命の復旧作業により、4月25日(月)に営業を再開。hamlife.jpでは同店からの許諾を得て、不眠不休で作業する関係者の様子などを捉えた画像を交えながら、被災から復旧、営業再開に至るまでの11日間をドキュメント形式で紹介した。

 

 7位にランクインしたのは、一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)が実施している一般のアマチュア無線家から「旧スプリアス規格」のアマチュア無線機をサンプルとして借用し、実際に発射されるスプリアス強度を測定する「スプリアス実態調査」。その第一弾としてハンディ機やモービル機の募集を行っていたが、今回その第2弾として、HF固定局用無線機の募集を開始を伝える記事だった。対象はJARL登録機種および旧技適機器(旧スプリアス規格の無線機)のHF固定機で、一部はV/UHF帯の固定機も含まれる。JARDのWebサイト上に開設した特設ページでは、第二弾の募集内容とアマチュア無線家に貸し出しを求める対象機器のリスト、申し込み方法などを公表している。

 

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<一挙にハム5名を行政処分!>関東総合通信局、三浦電波監視センターの電波監視によりデジタル文字通信「JT65」のオフバンド運用などが発覚

 

2)<再開までの11日間を写真で紹介>熊本地震で被災したショップ「無線のクマデン」、きょう25日から営業再開!!

 

3)<第1級アマチュア無線技士に対し…>東北総合通信局、免許を受けずに無線局を(東北管内で!?)開設した京都市在住のハムに43日間の行政処分

 

4)【追記:瞬殺!初期ロット100台分の予約埋まる】<新スプリアス規格に適合!>サイエンテックス、8ch 500mW出力の新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」開発・発売へ

 

5)<締め切りは5月31日(火)まで>衛星通信システム委員会、1200MHz帯アマチュアバンドの周波数共用を含む報告案に対し意見募集

 

6)<高校生以下・空中線電力10W以下・YL局を優先!!>5月5日、南極昭和基地の8J1RLが「こどもの日の特別運用」を21MHz帯SSBで2年ぶりに実施!

 

7)【対象リスト掲載】<対象リグを所有のアマチュア無線家に協力を呼びかけ>JARD、きょう4月27日から「HF帯固定局用無線機」のスプリアス実態調査を開始!!

 

8)<北朝鮮からの「P5DX」運用プロジェクト>資金不足と情報リークからDXペディション計画が失敗

 

9)<対象者は約1,000局>新千代田クラブ(JH1ZOQ)、2003年10月2~4日に行った「皇居内からの記念運用」の交信局に記念品贈呈!!

 

10)中日新聞ニュースサイト、静岡県島田市の小学6年生が「1アマ国試に一発合格」を報じる

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」