hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <主催者提供の真空管とパーツセットで“オリジナル送信機”を作る>JARL沖縄県支部、「807AM・CW送信機製作コンテスト」を開催

<主催者提供の真空管とパーツセットで“オリジナル送信機”を作る>JARL沖縄県支部、「807AM・CW送信機製作コンテスト」を開催

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)沖縄県支部は、沖縄でアマチュア無線が許可されて55周年を迎えることを記念し、「807AM・CW送信機製作コンテスト」を開催する。主催者が無償提供する真空管「UY-807」と数点のパーツセットを用いてオリジナルの送信機を組み上げるというものだ。パーツセットは5組用意され、沖縄県内に2セット、県外に3セットが提供される。書類によるエントリーは2016年6月30日(木)まで。抽選でパーツセット提供者を決定し、7月中旬に送付される。製作締め切りは2017年1月22日で、同2月19日に行われる同県支部大会で発表される。

 

 

「807」の愛称で知られた真空管、UY-807(写真はイメージで、今回のコンテストで提供されるものではありません)

「807(はちまるなな)」の愛称で知られた真空管、UY-807(写真はイメージで、今回のコンテストで提供されるものではありません)

 

 

 第二次大戦後、米国の施政下に置かれた沖縄(琉球)は長らくアマチュア無線の再開が果たせなかったが、1960(昭和35)年10月に第1回の無線従事者資格試験が行われ、1961(昭和36)年6月22日に“KR8”プリフィックスでの免許発給が開始された。これを記念して毎年6月22日が「沖縄アマチュア無線の日」と制定されている。その後1972(昭和47)年5月15日に沖縄は本土復帰を果たし、KR8プリフィックスの各局は“JR6”に変更された。

 

 今回行われる「807AM・CW送信機製作コンテスト」は、2016年沖縄アマチュア無線の日と沖縄アマチュア無線55周年記念を記念して行われる。昭和30~40年代に短波帯のアマチュア無線送信機によく用いられた真空管「UY-807」を使い、往時を偲ぶAMまたはCW送信機を作ってもらうという企画だ。応募要項は下記の通り。

 

 

★「807AM・CW送信機製作コンテスト」応募要項

 

◆応募資格
・提供された真空管を使用してAMまたはCWのオリジナル送信機を作成し、経過報告を指定日までに、製作記事(適宜挿絵、写真を使用)を2017年1月22日までに提出していただける方で、製作記事を沖縄県支部ホームページへの掲載に承諾いただける方。

 

・支部大会での発表に承諾いただける方。県外応募者は製作記事を作成し(写真や図面入り)提出いただき、展示します。県内応募者は製作記事と作成した送信機を持参し展示します。

 

・JARL会員、非会員は問いません。

 

 

◆応募方法
・製作する送信機のブロックダイヤグラムを作図(手書き可)してA4 版横サイズのPDFファイルと合わせて、作成への思い(意気込み)を数行書き添えて、2016年6月30日(木)までに、メールアドレス jr6gv(アットマーク)jarl.comへお送り下さい。

 

 

◆当選者の決定及びパーツ送付
・抽選は応募者の中からJARL沖縄県支部・監査指導委員長が行い、県外3名、県内2名に真空管807パーツセットを提供します。7月上旬に抽選を行い、当選者は当支部のホームページに掲載およびメールでご連絡します。当選後、住所・連絡先をお知らせ下さい。パーツセットは7月中旬に送付予定です。

 

 

◆提供するパーツセット(提供品にないパーツは各自で入手)

・真空管
  807およびソケット:1点(終段を想定)
  6AQ5(または相当品)およびソケット:1点(ドライブを想定)
  6AU6(または相当品)およびソケット:1点(発振を想定)
・バリコン
  プレート用(100PF程度):1点(パイマッチを想定)
  ロード用(430PF×2):1点
・その他 (ヒューズホルダ 他)
・オプション 変調器を真空管で作成希望の方には真空管
  6AQ5:2本 (6AQ5 PPのアンプを想定)
  12AU7:1本
  6AU6(または相当品):1本

 

今回のコンテストのために準備された真空管とパーツ類

今回のコンテストのために準備された真空管とパーツ類

 

 

◆タイムスケジュール
・2016年
  5月15日(日)応募開始
  6月30日(木)応募締め切り
  7月上旬 抽選
  7月中旬 パーツセット発送
  10月31日(月)経過報告提出締め切り
  12月末日 送信機完成
・2017年
  1月22日(日)製作記事締め切り
  2月19日(日)支部大会にて発表

 

jr6-807contest1

 

 

 詳細は下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・807AM・CW送信機コンテスト応募要項 PDF(JARL沖縄県支部)
・JARL沖縄県支部 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」