hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
2021年1月2日~7日開催 お正月をQSOパーティ de 楽しもう!

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <「オール群馬コンテストアワード」を発行!>JARL群馬県支部、5月21日(土)夜と22日(日)朝に「第44回(2016)オール群馬コンテスト」を開催

<「オール群馬コンテストアワード」を発行!>JARL群馬県支部、5月21日(土)夜と22日(日)朝に「第44回(2016)オール群馬コンテスト」を開催

JARL群馬県支部主催「第44回(2016)オール群馬コンテスト」が、5月21日(土)20時から24時までと、5月22日(日)6時から12時までの2回に分けて、1.9/3.5/7/14/21/28/50/144/430/1200MHz帯の各アマチュアバンドの電話と電信で開催。オール群馬コンテストの活性化に寄与することを目的に、「オール群馬コンテストアワード」が発行される。なお、一部ルール変更がされているので注意しよう。

 

 

 

 ナンバー交換は、県内局(交信相手は県内、県外局)が「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「市町村ナンバー」、県外局(交信相手は群馬県内局)は「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「都府県支庁ナンバー」となる。また、活性化を図るため希望者の移動運用予定地の事前公表を行うとしている。

 

 

 なお今回から次のとおりルールを一部変更している。

 

 

・電信による完全な交信の得点を2点

 

・QRP種目参加局の「自局のコールサインのあとにQRPを示す記号を送出すること」との規定は廃止

 

・1.9MHz帯の使用周波数は1.9075~1.9125MHzとする

 

・運用場所の変更は禁止としていたが、JARL主催のコンテスト規約に準じて一部認める

 

 

 バンドごとのほか、「QRP局」「ジュニア局」「シニア局」「YL局」「SWL」など、部門が多岐にわたるのも本コンテストの特徴といえる。書類提出は電子ログを推奨!6月5日(日)24時までに必着のこと。紙ログの締め切りは6月5日(日)消印有効。

 

 併せて、オール群馬コンテスト中に「オール群馬アワード」と同じ要件(7市3郡、8市8町村、または全市町村)でQSOすることにより、本アワードの「73賞」「88賞」「全市町村賞」を申請することができる。申請受付の締め切りはオール群馬コンテストと同じ。

 

 部門や得点など、詳しくは「第44回(2016)オール群馬コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

 

「第44回(2016)オール群馬コンテスト」の規約(一部抜粋)

「第44回(2016)オール群馬コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第44回(2016)オール群馬コンテスト規約
・第44回(2016)オール群馬コンテスト規約(JARL Web)
・オール群馬コンテストアワード
・オール群馬アワード規約_変更版2015/07/19時点(PDF形式)
・JARL群馬県支部

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」