hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <連盟組織に「名誉会長職」を置くための定款変更へ>JARL、第27回理事会報告を会員専用ページに掲載

<連盟組織に「名誉会長職」を置くための定款変更へ>JARL、第27回理事会報告を会員専用ページに掲載

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は、さる2016年5月21日に開催した第27回理事会の報告をWebサイトの会員専用ページで公開した。同理事会では6月26日に行われる「第5回定時社員総会」に上程する議案が審議され、新たにJARL組織内に象徴的な「名誉会長職」を置くための定款変更を上程することが決まった。同理事会報告の閲覧はJARL会員のみで、コールサインと登録したパスワードが必要となる。

 

 

 

 JARL Webの会員専用ページに掲載された「第27回理事会報告」によると、JARLの平成27年度決算において、一般企業の経常損益に該当する有価証券評価損益考慮前経常増減額は△6,170万円で、前期比△1,980万円と赤字幅が縮小したことや、一昨年以前は(赤字補填のために)毎回1億円近く行われた特定資産の取り崩しが、今期は約1,400万円になったことなどが示されたという。

 

 また通常選挙を経ないで理事者側から推薦できる理事候補者として、JA1SLS 玉眞博義氏とJA1LVB 伏見美幸氏の2名、監事候補者はJA3DKW 永井暉久氏とJE7JGG 佐藤 眸氏を推薦し、第5回定時社員総会に諮ることが決定した。

 

 さらにこの理事会では、JARL組織内に“象徴的な存在”として「名誉会長職」を置くことについて審議が行われた。山之内会長は提案理由について「昨今の社会情勢の中で、アマチュア無線の存在が薄らいできており、今後は一般社会に対するアマチュア無線の周知啓蒙が必要不可欠になっているため、アマチュア無線の活性化を目指して、名誉会長職を置くための定款変更を行いたい」と説明。討議後に採決を行い、賛成過半数で承認され、第5回定時社員総会の議案とすることが決まった。

 

 理事会報告の詳細は、下記関連リンクのJARL会員専用ページ(要ID、パスワード)からPDF形式で閲覧が可能だ。また第5回定時社員総会の議案については6月上旬にJARL Webの会員専用ページに掲載される予定だ。

 

 

 

●関連リンク:JARL理事会報告(JARL Web 会員専用ページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」