hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <「ラジオ日本」の車両だったの!?>無線家憧れの“伸縮ポール装備車”、某ラジオ局で使用という中継車がヤフオクに出品

<「ラジオ日本」の車両だったの!?>無線家憧れの“伸縮ポール装備車”、某ラジオ局で使用という中継車がヤフオクに出品

特種用途自動車(8ナンバー車)に分類される中継車の数々。ヤフオクには、テレビ局の中継車をはじめメーカーや通信会社が使用していた電測車など、その車体用途に応じた機材を搭載した車両が出品されている。個人レベルでは手にすることが難しいこれらの車両。やはり気になるのは、アマチュア無線家憧れの“伸縮ポール”が装備しているか否かだろう。今回ヤフオクに登場したのは某ラジオ局で使用していたという、伸縮ポールを装備した4WD仕様の中継車だ。価格も80,000円(税込86,400円)からスタート(最低落札価格の設定あり)ということで話題になっている。

 

シボレー・アストロ LT 4WDのガソリン車をベースにしたラジオ局使用の中継車両(ヤフオクの画面から)

シボレー・アストロ LT 4WDのガソリン車をベースにしたラジオ局使用の中継車両(ヤフオクの画面から)

 

 ベース車体は平成8年登録のシボレー・アストロ LT 4WD ガソリン車。商用ミニバンという位置づけで、シボレー・アストロは20年にわたるロングセラーモデルとして国内でも人気の高い。

 

 今回ヤフオクに出品された車両はこの手の用途としては、走行距離が40,050kmと非常に少ない。また、最低落札価格を設定しているものの、価格も80,000円(税込86,400円)からのスタートはリーズナブル!?かもしれない。

 

 

 

yafuoku-radio-car-4 yafuoku-radio-car-5 yafuoku-radio-car-7 yafuoku-radio-car-8
ラジオ番組の中継用と思われる八木アンテナのほか、様々な装備品が画像から確認できるだろう(ヤフオクの画面から)

 

 

 アップされている画像には、放送番組を流すスピーカーや「放送中」というサイン装置も確認できる。電動伸縮ポールのほか、ラジオ番組の中継用と思われる八木アンテナなども…。アマチュア無線の移動運用車両としてよっと気になる存在だ。

 

 なお所有者歴に「複数オーナー」と記載があるが、車両を撮した画像には運転席のドアには「ラジオ日本」との文字が…。神奈川県に本社を置く、以前は「ラジオ関東」と呼ばれた中波ラジオ局「アール・エフ・ラジオ日本」で使用されていた車両と推測できる。

 

 

 

ドア側面には「ラジオ日本」の局名が確認できる(ヤフオクの画面から)

ドア側面には「ラジオ日本」の局名が確認できる(ヤフオクの画面から)

無線家憧れの“電動伸縮ポール”を装備。ポールの伸縮は電動、ポールの回転はダイヤルを回して操作する(ヤフオクの画面から)

無線家憧れの“電動伸縮ポール”を装備。ポールの伸縮は電動、ポールの回転はダイヤルを回して操作する(ヤフオクの画面から)

ラジオ日本のラジオカー「浜っ子・浜太郎」として活躍当時のシボレー・アストロ。今回出品された車両と同一だろうか!?(ウィキペディアから)

ラジオ日本のラジオカー「浜っ子・浜太郎」として活躍当時のシボレー・アストロ。今回出品された車両と同一だろうか!?(ウィキペディアから)

 

 

●関連リンク:
・某ラジオ局使用の本格中継車!DL車4WD 40000キロ!@車選び.com(ヤフオク)
・シボレー・アストロ(ウィキペディア)
・アール・エフ・ラジオ日本
・アール・エフ・ラジオ日本(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」