hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <新会長を決める“理事互選”の投票結果も明らかに>JARL、「第28、29回理事会報告」をWebサイトに掲載

<新会長を決める“理事互選”の投票結果も明らかに>JARL、「第28、29回理事会報告」をWebサイトに掲載

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は、2016年6月26日に行われた「第5回定時社員総会」直前に開催した「第28回理事会」、および社員総会終了直後に新理事で開催した「第29回理事会」の報告をWebサイトの会員専用ページで公開した。第28回理事会ではJARLが財産保全のために1973年に購入した長野県茅野市の土地3,294平方メートルの購入希望者が現れ、売却交渉を行っていることが報告されたほか、第29回理事会では社員総会で選任された新理事17名の中から「新会長」と「新副会長」を決める互選の投票結果も明らかにされている。報告書の閲覧はJARL会員のみで、コールサインと登録したパスワードが必要となる。

 

 

 

 JARL Webの会員専用ページに掲載された「第28回理事会報告」によると、今後JARLはイベントなどを限定した上で、会場内で入会手続きを取った者の入会金を免除する「催事限定入会金免除キャンペーン」を実施することを討議し決定した。

 

 またJARLが財産保全のために1973年に購入し未利用となっている長野県茅野市の土地(3,294平方メートル、約996.43坪)について、愛知県の太陽光発電事業者から購入の打診があり、売却交渉を行っているとの報告もあった。6月中の契約を目指しているという。

 

 さらに「第29回理事会報告」では、直前に終了した第5回定時社員総会の決議を受けて選任された新理事17名が互選を行って、新会長1名と新副会長2名が決定するまでの投票結果などが記載されている。

 

 それによると会長には高尾義則氏(JG1KTC)と種村一郞氏(JG2GFX)の両名が立候補し、理事17名による無記名投票の結果、高尾氏が最高得票を得た。また副会長は自薦他薦の区別を行わず、会長以外の理事16名から上位2名を選出する方法で無記名投票が行われ、(同一票数による決選投票を経て)原 恒夫氏(JA8ATG)と種村一郞氏(JG2GFX)が選ばれた。さらに会長から玉眞博義氏(JA1SLS)を専務理事(常勤の業務執行理事)にしたいとの提案があり、全会一致で承認されたという。

 

 詳細は下記関連リンクのJARL会員専用ページ(要ID、パスワード)からPDF形式で閲覧が可能だ。

 

 

 

こちらの記事もチェック!
<大手販売会社が仲介>JARL保有の土地1,000坪、2,450万円で売ります!!
https://www.hamlife.jp/2015/02/21/jarl-tochi-baikyaku/

 

 

 

●関連リンク:JARL 理事会報告(JARL Web)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」