hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <18歳未満が対象、実質1年間会費無料の「おためし入会キャンペーン」実施へ>JARL、第30回理事会報告を会員専用ページに掲載


<18歳未満が対象、実質1年間会費無料の「おためし入会キャンペーン」実施へ>JARL、第30回理事会報告を会員専用ページに掲載

一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)は、さる2016年7月30日、31日に開催した第30回理事会の報告をWebサイトの会員専用ページで公開した。同理事会は6月に開催された第5回定時社員総会で選出された役員による初の理事会となり、高尾会長からの基本方針表明や参与の選出、委員会の設置などが行われた。また9月1日から1年間、18歳未満の入会金と会費を実質無料にする「おためし入会キャンペーン」を実施することが決定した。同理事会報告の閲覧はJARL会員のみで、コールサインと登録したパスワードが必要となる。

 

 

 

 JARL Webの会員専用ページに掲載された「第30回理事会報告」によると、新会長の高尾義則氏(JG1KTC)は「会員増強を重視しながら事業を展開し、アマチュア無線関連諸団体との連携を強化し、諸課題に組織一丸となって取り組みたい」と所信表明を行った。

 

 また同連盟の参与として、JA1HQG 有坂、JA1KAB 小室、JA3OZ 藤原、JA9AMR 吉室の各氏を再任し、新たにJE1MUI 遠藤氏を選出した。なおJA1DM 海老沢氏は退任となった。そのほか各委員会の設置を行ったほか、JARLが長野県茅野市に財産保全のために保有していた土地(簿価2393万2000円)を、愛知県の法人に2400万円で売却することが決まり、6月29日に売買契約を締結したという。

 

 同理事会はこのほか、平成28年9月1日から1年間“青少年への働きかけを強化する”目的で、18歳未満の青少年を対象に「JARLおためし入会キャンペーン」を実施することが決定した。同キャンペーンは入会金なしで正員または准員としてJARLに入会でき、会費は1年間の会費助成によって実質無料となるというもの。その後に継続会費を支払うと、おためし期間終了日から継続会費額相当期間の会員として扱われる。JARLではハムフェア2016の会場を同キャンペーンの「先行実施期間」としてPRを行う予定だ。

 

 また現在JARL「覚書事項」として存在する、「役員の就任年齢(選挙のある年の2月7日現在で満75歳未満でなくては立候補できない)」 と、「重任制限(役員の重任は連続4期8年まで。一旦役員でなくなった者が再度役員に就任した場合は改めて4期8年まで務められる)」について、定時社員総会で見直すべきとの意見が出されたことから、理事会内にワーキンググループを置いて検討することを決定した。

 

 

 理事会報告の詳細は、下記関連リンクのJARL会員専用ページ(要ID、パスワード)からPDF形式で閲覧が可能だ。

 

 

 

●関連リンク:JARL理事会報告(JARL Web 会員専用ページ)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」