hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <改修費用は48,000円+税>八重洲無線、FT-991ユーザーに向けた「リアルタイムスペクトラムスコープ」有償アップグレードの詳細を発表

<改修費用は48,000円+税>八重洲無線、FT-991ユーザーに向けた「リアルタイムスペクトラムスコープ」有償アップグレードの詳細を発表

八重洲無線株式会社は、2016年8月18日に新機能「リアルタイムスペクトラムスコープ」を搭載したFT-991Aシリーズを発表し、ハムフェア2016の会場で初展示を行った。このほど同機能に対応していない従来モデル、FT-991シリーズのユーザーを対象に、リアルタイムスペクトラムスコープを実現する「有償アップグレードサービス」を開始するとして、詳細を販売店へ告知した。改修費用は48,000円+税となっている。

 

 

リアルタイムスペクトラムスコープを搭載した八重洲無線のFT-991Aシリーズ。従来モデルのユーザーも有償アップグレードサービスで対応になるという

リアルタイムスペクトラムスコープを搭載した八重洲無線のFT-991Aシリーズ。従来モデルのユーザーも有償アップグレードサービスで対応するという

 

 

 八重洲無線が発表したFT-991Aシリーズは、バンド内の状況をディスプレイ上に表示中も受信音声が途切れない「リアルタイムスペクトラムスコープ」を搭載したことが特徴になっている。

 

 このほど、従来モデルのFT-991シリーズのユーザーに向けて、FT-991Aシリーズと同様のリアルタイムスペクトラムスコープを実現する「有償アップグレードサービス」を9月下旬から開始するとして、その詳細を同社製品取り扱いの販売店へ告知した。

 

 全国通販も行っている岐阜県岐阜市のアマチュア無線ショップ、CQオームのFacebookページに掲載された内容から、この有償アップグレードサービスの概要を紹介する。

 


 

★FT-991→FT991A有償アップグレードサービスについて

 

 FT-991A発売後、FT-991をお持ちの皆様に向けて、FT-991→FT-991Aへの有償アップグレードサービスが予定されています。サービス開始まで少し時間がありますが、簡単に内容をまとめておきます。

 

~八重洲より~

 この度、私どもでは、FT-991Aの発表を行いましたが、現在FT-991をお持ちのお客様の中でリアルタイムスペクトラムスコープ機能が必要なお客様についてはアップグレードの費用をお支払いいただいて対応させていただきます。

 

 メイン基板の交換、調整作業が必要なため費用が高額になってしまいますので、普段スペクトラムスコープをあまり使われないお客様にはお勧めいたしません。アップグレードサービスの詳細は下記の通りになります。

 

◇お客様アップグレード費用(追加・交換部品代・作業代を含む):48,000円(税別)

 

◇アップグレードサービスによる追加機能:
 *リアルタイムスペクトラムスコープ機能

 

◇追加・交換する部品及び作業内容:
 *追加部品:スコープ基板
 *交換部品:メイン基板
 *作業内容:各基盤の再調整および動作確認・エージング作業、最新ソフトウエアバージョンにアップデート

 

◇サービス受付開始時期:9月下旬より開始予定(後日、正式なご案内をさせていただきます)お申込多数の場合、時間が掛かる事が予想されますのでご了承ください。

 


 

 

 CQオームでは、この有償アップグレードサービスについて、「リアルタイムスコープ機能以外には変更がありません。かなり高額なアップグレードですので、価格だけを聞きますと“えっ!”という感じなんですが、ただ、もともと、リアルタイムスコープ機能を予定していなかったモデルに、基板交換で機能を追加するものなので、改造内容を考えると、価格的にはやむを得ないのかなと思います。アップグレード受付開始時には改めてご案内させていただきます」と説明している。

 

 

 

●関連リンク:
・八重洲無線(8月28日現在、FT-991Aおよび有償アップグレードサービスに関する情報は未掲載)
・FT-991→FT991A有償アップグレードサービスについて(CQオーム Facebookページ)
・CQオーム Facebookページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」