hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > <9月30日で停波決定、“灯台放送”の受信は今月中に!!>海上保安庁、「船舶気象通報局」29か所すべての廃止を正式発表

<9月30日で停波決定、“灯台放送”の受信は今月中に!!>海上保安庁、「船舶気象通報局」29か所すべての廃止を正式発表

海上保安庁は2016年9月2日、レーダー、GPSおよび電子海図等の航海機器の普及と性能向上、インターネットの普及による情報提供手段の多様化が進んだことを理由に、航路標識等の一部を廃止することを正式発表した。廃止される中には中波1670.5kHzで全国29か所の灯台などから行われていた「船舶気象通報局」(いわゆる「灯台放送」)も含まれ、同局は2016年9月30日をもってすべて停波となる。「各局、各局、各局、こちらは○○、○○、○○。海上保安庁が○○岬灯台周辺の気象情報をお伝えします。時刻…」「…おわり。こちらは○○、さようなら」という、独特の放送を受信できるのも今月末までだ。

 

↓こちらの最新記事もチェック!!
【最終放送の動画公開!!】中波1670.5kHzの船舶気象通報局(灯台放送)が「最後の日」を迎える--灯台には別れを惜しむ受信ファンの姿も
https://www.hamlife.jp/2016/09/30/senpakukisyou-haishi-inubou/

 

 

海上保安庁の告知より

海上保安庁の告知より

 

 

 海上保安庁の発表した資料によると、廃止が決定したのは次のとおり。

 

★「無線方位信号所」:10か所
 通航船舶に対し電波を発射することにより、通航船舶のレーダー画面上に灯台や灯浮標等の位置を表示させる機能を有する航路標識

 

 

★「ラジオ放送による船舶気象通報」:29か所
 海上保安(監)部が行う情報提供業務で、主要な岬の灯台等において局地的な風向、風速、波高等の気象の観測を行い、その現況をインターネット、テレホンサービス及びラジオ放送(無線電話1,670.5kHz)により提供

 

 

★「ディファレンシャルGPによる気象通報」:27か所
 海上保安部等が行う情報提供業務で、主要な岬の灯台等において局地的な風向、風速、波高等の気象の観測を行い、その現況をディファレンシャルGPSのテキストメッセージ送信機能を活用して提供

 

 

★「海上交通安全センターが行う情報提供手法」:8か所
 船舶交通の安全に必要な巨大船の通航予定等の情報をインターネット、テレホンサービス及び電光表示板等により提供

 

 

 廃止時期は、10月4日にずれ込む無線方位信号所の1か所を除き、すべて2016年9月30日をもって廃止されることが明らかになった。

 

 

船舶気象通報局の廃止リスト

船舶気象通報局の廃止リスト

 

 

 船舶気象通報(灯台放送)を受信できるのも、今日を入れてあと26日となってしまった。この機会にぜひワッチし、全局の受信と記録を行ってはいかがだろうか。9月30日の夜には、最後の「おわり、さようなら…」のアナウンスをぜひ受信したい。受信には下記関連リンクの「灯台放送マップ」が便利だ。

 

 

 

 

関連記事↓
<1670.5kHzの“灯台放送”さようなら…>海上保安庁、「船舶気象通報局」などの情報提供手段を終了へ
https://www.hamlife.jp/2016/07/13/kaiho-senpakukisyou-haishi/

 

 

 

●関連リンク:

・海上保安庁が運用する航路標識等の一部を廃止します(海上保安庁)
・船舶気象通報(海上保安庁)
・灯台放送マップ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」