hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <打ち上げは大幅延期に>1人のアマチュア無線家を含む、長期滞在クルー3名が国際宇宙ステーション(ISS)へ


<打ち上げは大幅延期に>1人のアマチュア無線家を含む、長期滞在クルー3名が国際宇宙ステーション(ISS)へ

国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在を行う第49次・50次の長期滞在クルーのメンバー3人は、2016年9月23日にカザフスタンのバイコヌール・コスモドローム基地からソユーズロケットでISSへ出発する予定だったが、「技術的な理由」から打ち上げは2週間から1か月間と大きく延期されることになった。

 

 

写真左からシェーン・キンブロー宇宙飛行士(KE5HOD)、セルゲイ・リジコフ宇宙飛行士、アンドレイ・ボリシェンコ宇宙飛行士(ARRL NEWSより)

写真左からシェーン・キンブロー宇宙飛行士(KE5HOD)、セルゲイ・リジコフ宇宙飛行士、アンドレイ・ボリシェンコ宇宙飛行士(ARRL NEWSより)

 

 

 ISSの第49次・50次長期滞在クルーはアマチュア無線家のシェーン・キンブロー宇宙飛行士(KE5HOD)をはじめ、ロシアのセルゲイ・リジコフ宇宙飛行士とアンドレイ・ボリシェンコ宇宙飛行士の3名だ。予定ではISSに到着後、周回軌道内でおよそ5か月を過ごし、2017年2月に帰還する予定となっているが、打ち上げ延期により今後の滞在スケジュールや、現在ISSに滞在している宇宙飛行士の帰還スケジュールにも変更が生じるかもしれない。

 

 3人の宇宙飛行士は発射から2日間をソユーズMS-02ロケットで過ごし、ISSにドッキング後は、7月からISSに滞在しているアナトーリ・イヴァニシン第49次司令官、キャサリン・ルビンズ宇宙飛行士(KG5FYJ)、大西卓哉宇宙飛行士(KF5LKS)の仲間に加わることになる。またNASAテレビ( http://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html#public )では、ロケット発射とISSへのドッキング時に生中継を行う計画だ。(ARRLニュース 9月19日 ※許可を得て抄訳転載、一部補記/(C)ARRL )

 

 

 

●関連リンク:One Radio Amateur Among Expedition 49/50 Crew Members Headed to ISS(ARRL NEWS)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」