hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <写真掲載>9月18日開催、「第44回JARL青森県支部大会・ハムの集い」の模様


<写真掲載>9月18日開催、「第44回JARL青森県支部大会・ハムの集い」の模様

2016年9月18日(日)、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)青森県支部主催の「第44回JARL青森県支部大会・ハムの集い」が、青森市の青函連絡船メモリアルシップ「八甲田丸」多目的大ホールで開催された。参加者から提供された当日の写真を紹介しよう。

 

 

青森市が管理する「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」(2016年5月 hamlife.jp撮影)

青森市の施設となった「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」(hamlife.jp 2016年5月撮影)

 

 

 JR青森駅のすぐ近くに、かつて青函連絡船が発着していた桟橋があり、ここに往時を偲ばせる「八甲田丸」が青森市のメモリアルシップ施設となって係留されている。「第44回JARL青森県支部大会・ハムの集い」は、この船内の2等船室を改装して作られた多目的大ホールで開催され、およそ100名が集合。メーカーや地元販売店、クラブなどのブースやジャンク市、JK1OPL小野彰彦氏によるAADXA40周年記念講演「サイクル24からサイクル25に向けて」や、歌手・眞園みほの歌謡ショーなどを楽しんだ。

 

 では参加者による当日の模様を写真で紹介しよう。

 

「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」の乗船口と下船口

「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」の乗船口と下船口

船内の多目的大ホールで開催された「第44回JARL青森県支部大会・ハムの集い」にはおよそ100名が参加

船内の多目的大ホールで開催された「第44回JARL青森県支部大会・ハムの集い」にはおよそ100名が参加

JARL青森県支部の平川支部長によるあいさつ。髙尾JARL会長、尾形東北地方本部長、伊藤渡島檜山支部長らも出席

JARL青森県支部の平川支部長によるあいさつ。髙尾JARL会長、尾形東北地方本部長、伊藤渡島檜山支部長らも出席

船内ではジャンク品や掘り出し物の販売コーナーも設けられた

船内ではジャンク品や掘り出し物の販売コーナーも設けられた

APRS&VoIP&EchoLinkのコーナー

APRS&VoIP&EchoLinkのコーナー

歌手の眞園(まその)みほ。ハムの集い当日と前日に開催された親睦会で歌を披露。「今度ハムの試験を受験する」という

歌手の眞園(まその)みほ。ハムの集い当日と前日に開催された親睦会で歌を披露。「今度ハムの試験を受験する」という

船内の窓から見た青森市内の景色

船内の窓から見た青森市内の景色

「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」の船内には、かつての無線通信室が保存されている。現役当時のコールサインは「JRRX」(2016年5月 hamlife.jp撮影)

「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」の船内には、かつての無線通信室が保存されている。現役当時のコールサインは「JRRX」(hamlife.jp 2016年5月撮影)

支部大会終了後、講師のJK1OPL小野氏を囲む会が開催された

支部大会終了後、講師のJK1OPL小野氏を囲む会が開催された

 

 

 

●関連リンク:
・第44回JARL青森県支部大会&ハムの集い終了いたしました(JARL青森県支部からのお知らせのページ)
・県支部大会の講演会要旨を掲載しました(JARL青森県支部からのお知らせのページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】