hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > 【追記:HS1A交信中の音声動画など】<「HS1A」のコールサイン>タイのプミポン国王がサイレントキー

【追記:HS1A交信中の音声動画など】<「HS1A」のコールサイン>タイのプミポン国王がサイレントキー

体調を崩し長期療養中だったタイのプミポン・アドンヤデート国王(ラーマ9世)が2016年10月13日15時52分(現地時間)に88歳で逝去された。同国王は1989年にタイ通信省からアマチュア無線局「HS1A」のコールサインを贈られている。

 

 

タイのアマチュア無線連盟、RASTのWebサイトより

タイのアマチュア無線連盟、RASTのWebサイトより

 

 

 プミポン国王は1927年12月5日に米国マサチューセッツ州ケンブリッジで生まれた。兄のラーマ8世が1946年に急死した直後に18歳で王位を継承。以来70年間にわたり国王として君臨し国民から深く敬愛されてきた。1989年8月18日にはチットラダー宮殿でタイアマチュア無線連盟(RAST)の立会いの下、同国通信省からアマチュア無線局「HS1A」のコールサインを贈られたとRASTのWebサイトで紹介されている。

 

 著名DXサーのFred Laun氏(K3ZO/HS0ZAR)によると、「プミポン国王がこれまでに行った唯一のQSOは、2mのFMハンディ機からのものだった」という。また国王が夢中になった趣味の1つが写真撮影であったため、「しばしばハンディ機を使っている写真を撮った」と同氏は述べている。(ARRLニュース 10月14日 ※許可を得て抄訳転載/(C)ARRL )

 

 

<hamlife.jp追記>
タイは国王の逝去により1年間の服喪期間に入り、30日間は政府庁舎や学校で半旗を掲げられ、祭礼や娯楽番組の放送は自粛されるという。同国に長期滞在中の日本人アマチュア無線家は「テレビはどのチャンネルも同じ追悼番組です。普段はピンクのTシャツを着ているマッサージ店のスタッフも、いつもは派手な格好の飲食店の女性もみな黒いシャツでした。街中を歩く人だけでなく、ショッピングセンターのブランド物衣類ショップのショーウインドウも店内も、黒やグレー系の商品ばかりが並んでます」という状況(要旨)を伝えてくれた。

 

 

 

↓クリックすると動画がスタートします。

 

●คลิป (เสียง) ในหลวงทรงวิทยุ

 

●VR009/HS1A พระบาทสมเด็จพระเจ้าอยู่หัวฯ กับกิจการวิทยุสมัครเล่น

 

 

●関連リンク:
・King of Thailand Bhumibol Adulyadej, HS1A, SK(ARRL NEWS)
・RAST Webサイト(服喪のためモノクロ画像になっている)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」