hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 総務省 > <5MHz帯アマチュアバンド国内分配は含まれず>総務省、官報で「周波数割当計画」の一部変更を告示

<5MHz帯アマチュアバンド国内分配は含まれず>総務省、官報で「周波数割当計画」の一部変更を告示

総務省は2016年12月8日付けの官報で、周波数割当計画(平成24年総務省告示471号)の 一部を変更することを告示した。これは2015年にスイスで行われた国際電気通信連合(ITU)の「2015年世界無線通信会議(WRC-15)」において、各周波数の国際分配が見直されたことを「国際分配」の項目に反映するためのものだ。5MHz帯のアマチュアバンドも今回「国際分配」の欄に新しく記載されたが、日本国内では変わらず未割り当ての状態で開放の目処は立っていない。

 

 

官報号外 第272号の目次

官報号外 第272号の目次

 

 

 今回総務省が告示した内容は、国立印刷局のページから閲覧・ダウンロードが可能だ。掲載された表は修正部分のみで「見出し」が省略されているが、左から「国際分配(kHz)(第一地域/第二地域/第三地域)」「国内分配(kHz)」「無線局の目的」「周波数の使用に関する条件」の順で構成されている。

 

5351.5~5366.5kHzに新たに「アマチュア」と記載され、変更を示す下線が引かれているが。これはWRC-15で変更された国際分配を表記したもの

5351.5~5366.5kHzに新たに「アマチュア」と記載され、変更を示す下線が引かれているが、これはWRC-15で変更された国際分配を表記したもの。その右欄の日本における国内分配に「アマチュア」の文字はない

 

 5MHz帯は5351.5~5366.5kHzに新たに「アマチュア」と記載され、変更を示す下線が引かれているが、これはWRC-15で変更された国際分配を表記したものであり、右側の国内分配を見ると、相変わらず割り当てがないことがわかる。

 

掲載された表は修正部分のみで「見出し」が省略されているが、左から「国際分配(kHz)(第一地域/ 第二地域/第三地域」「国内分配(kHz)」「無線局の目的」「周波数の使用に関する条件」の順で構成。日本の5MHz帯にアマチュアの追加がないことがわかる

掲載された表は修正部分のみで「見出し」が省略されているが、左から「国際分配(kHz)(第一地域/第二地域/第三地域)」「国内分配(kHz)」「無線局の目的」「周波数の使用に関する条件」の順で構成。日本の5MHz帯の周波数割り当て計画に、現時点でアマチュアの追加がないことがわかる

 

 

 一部SNSなどで「日本でもアマチュアに5MHz帯の割当が始まる」といった情報が流れているが、これは事実と異なるので注意が必要だ。

 

 

 

●関連リンク:
・官報号外 第272号(国立印刷局)
・周波数割当計画(総務省 電波利用ホームページ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」