hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <「メタリックレッド」と「メタリックブルー」>アイコム、広帯域ハンディレシーバー「IC-R6」の新色2カラーを発表


<「メタリックレッド」と「メタリックブルー」>アイコム、広帯域ハンディレシーバー「IC-R6」の新色2カラーを発表

 

アイコム株式会社は2016年12月9日(金)、同社の広帯域ハンディレシーバー「IC-R6」の基本色「ブラック」に加え、新色として、「メタリックレッド」と「メタリックブルー」の2ボディーカラーを2017年1月下旬から発売すると発表した。希望小売価格はいずれも25,800円(税別)。

 

アイコムのプレスリリースより

アイコムのプレスリリースより

 

 

 多彩なスキャン機能など0.100~1309.995MHzの広帯域をAM/FM/WFMでカバー(一部周波数帯を除く)する「IC-R6」は、愛用者も多く、アイコムの広帯域レシーバーとしてロングセラーを続けている。

 

 今回、IC-R6の基本色「ブラック」に加え、新たに「メタリックレッド」「メタリックブルー」の2ボディーカラーが加わり、全3色のラインアップから好みの色を選べるようになる。

 

 同社では「追加する新色は、鮮烈な華やかさのなかにも重厚さを醸し出す『メタリックレッド』と、どこまでも続く澄んだ空の広がりを感じさせる『メタリックブルー』の2色。高性能レシーバーらしい存在感をもつ従来の『ブラック』とともに、3色で展開することで新たなユーザー様にご利用いただく機会の拡大を目指すものです」と説明している。

 

 

●IC-R6 新色2ボディカラー概要

品名:広帯域ハンディレシーバー

型名:IC-R6

希望小売価格:25,800円+税

発売日:2017年1月下旬(予定)

 

●主な特長

・ブラック、メタリックレッド、メタリックブルーから選べる3色のバリエーション
・0.100~1309.995MHzの広帯域をAM/FM/WFMでカバー(一部周波数帯を除く)
・多彩なスキャン機能と100ch/秒(※1)の高速スキャンを実現。約15時間の長時間受信(※2)
・空線キャンセラーをはじめとした充実のシグナリング機能(※3)
・各種シグナリング機能と併用可能なVSC(ボイススケルチコントロール)機能
・BTL回路&大型スピーカーの採用で、聞き取りやすい大音量を実現
・エアーバンドをはじめ、すぐに使える主な周波数をプリセット

 

※1 VFOモード時
※2 AF出力50mW、付属のNi-MH電池を使用、外部スピーカー(8Ω負荷)接続時
※3 空線キャンセラー、トーンキャンセラー機能は、全ての空線信号を検出するものではありません

 

 

r6-shinsyoku-3

アイコムのプレスリリースより

アイコムの広報資料より

 

 

●関連リンク:
・大人気の広帯域ハンディレシーバー「IC-R6」に新色登場(アイコム プレスリリース)
・広帯域ハンディレシーバーIC-R6(アイコム)
・アイコム株式会社

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」