hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 無線グッズ > <幅広いデジタル一眼カメラで使用可能>ソニーストア、“モールス符号入り”のおしゃれな博多織カメラストラップ「memento」を数量限定で発売中!!


<幅広いデジタル一眼カメラで使用可能>ソニーストア、“モールス符号入り”のおしゃれな博多織カメラストラップ「memento」を数量限定で発売中!!

ソニーストアは2016年12月、福岡を拠点として展開しているカメラアクセサリーブランド 「ULYSSES」とソニーストアオリジナル「博多織カメラストラップmemento(メメント)」を製作し発売を開始した。このストラップには“大切な人や瞬間をカメラで残してほしい”という願いを込め、思い出・記憶を意味する「memento」の文字がモールス符号で織り込まれている。ストラップの最大幅は30mmで幅広いデジタル一眼カメラで使用可能。価格は12,000円(税別)。

 

 

ソニーストアの「博多織カメラストラップ memento」。ブルーとグレーの2タイプがあり、いずれもモールス符号が織り込まれている

 

 

 800年の歴史がある高級織物「博多織」を一眼カメラ用のストラップにするという企画も驚くが、そこに欧文モールス信号をコラボレーションさせたのは、かつてない斬新さといえるだろう。まずソニーストアの商品説明から抜粋で紹介しよう。

 


 

博多織オリジナルアクセサリー第2弾
「博多織カメラストラップmemento(メメント)」

 

 地元の伝統工芸である博多織を用いた「パソコンケース」、「アクセサリーポーチ」に加えて、福岡を拠点として展開しているカメラアクセサリーブランド 「ULYSSES」とソニーストアのコラボレーションでソニーストアオリジナル「博多織カメラストラップmemento」を製作しました。

 

 博多織の生地は、博多織織元の中で最も古い老舗、1861年創業の「西村織物株式会社」にご協力いただきました。西村織物製の生地は100%絹織物。そして、デザインには大切な人や瞬間をカメラで残してほしい・・・思い出を残すカメラに寄り添うストラップとして、「memento=思い出・記憶」の文字をモールス信号に置き換え織り込みました。

 

 今回のソニーストア オリジナルアクセサリーは、「ULYSSES」ロゴと西村織物製の生地が使われた商品につけられるタグが付与されています。

 

ストラップに欧文モールス符号で「memento」と織り込まれている

 

◆特長:

・ストラップ最大幅30mmにより、APS-Cセンサーモデルからフルサイズセンサーモデルまで幅広いデジタル一眼カメラで使用できます。

 

・革の部分には、イタリア産のフルベジタブルタンニンなめしレザーを贅沢に使用。高級感と使い込むことでより表情が深まり、使い手の色に育っていきます。経年変化をお楽しみください。

 

・表面には「献上柄」の一部をあしらったデザイン、裏面には「やすら縞模様」を採用。

 

・デザインの中にモールス信号の信号パターンを使った、「memento」のメッセージが織られています。
※「memento」とは「思い出・記憶」の意味。このストラップの模様に織り込まれた不規則な破線は、「memento」という文字をモールス信号に置き換えたものです

 

・押し二重環とリングガード付属(各2個)により、丸型のアイレットを備えたカメラにも取り付け可能です。

 

◆仕様:
・長さ:約1.12m~1.25m(装着時の有効長)
・幅:約10mm(先端部)、約30mm(本体)
・素材:絹、牛革、樹脂、金属
・協力:西村織物株式会社

 


 

 この「博多織カメラストラップ」の商品企画に携わった、株式会社トランスピリットの黒葛原 寛(つづらはら かん)氏がhamlife.jpに寄せたコメントを紹介しよう。同氏はJA6NQO/JA1BBJのコールサインを持つ、無線歴48年というベテランのアマチュア無線家でもある。

 

『私は、福岡でITコンサルティング会社を起業していますが、前職であったソニーから、“九州初のショールームを福岡でオープンする”というお知らせがありました。「福岡ならではの企画を考えたい」とのことで、博多織でのアクセサリー商品を提案しました。

 

 私の会社のスタッフが以前、博多織の織元で働いていたということもあり、企画は具体的に進展し、博多織によるVAIOのケース、アクセサリーポーチ、そしてカメラストラップが商品化されました。博多織は本来、着物や帯として製造されていますが、新しい目的の加工製品として製造するために、その領域での関係会社と連携して製造を進め、その調整にかなり時間を費やしました。

 

 今回のカメラストラップですが、強度や触感、ストラップとしての機能はもちろん、そのデザインについては製造会社や織元とのキャッチボールが続きました。「せっかく新しいパターンを織るのですから、今までにないものを考えよう」ということで、“モールス信号”という発想が出てきました。モールス通信の知識がない方には単なるパターンにしか見えませんが、わかる方にはその意味までが伝わってきます。

 

 いろいろ考えて決まったのが「MEMENTO」という言葉で、「思い出」「記憶」「記念」という意味があります。カメラのストラップですので、あらゆる場面を記録して思い出や記憶を残していくということにかけています』

 

「博多織カメラストラップ memento」をカメラに装着したところ

 

 モールス符号がさりげなく織り込まれた、博多織のカメラストラップ。これをカメラにつけて持ち歩けば、ミーティングやアイボールQSOの話題作りになるだろう。同製品は数量限定で、下記関連リンクにあるソニーストアのWebショップと、東京(銀座)、名古屋、大阪、福岡(天神)にあるソニーストアの店頭のみで購入できる。

 

 

 

●関連リンク:
・ソニーストア 博多織オリジナルアクセサリー
・株式会社トランスピリット

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」