hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <不具合改善など4項目>八重洲無線、FT-991/FT-991Aシリーズの新ファームウェアを公開


<不具合改善など4項目>八重洲無線、FT-991/FT-991Aシリーズの新ファームウェアを公開

八重洲無線株式会社は2017年3月6日、HF~430MHz帯オールモードトランシーバー、「FT-991シリーズ」と新製品である「FT-991Aシリーズ」の新ファームウェアをリリースし、不具合の修正など4項目の改善が図られた。

 

 

 2015年2月中旬に出荷が始まった「FT-991シリーズ」と、2016年10月末に登場した「FT-991Aシリーズ」の新ファームが公開された。2016年12月4日はメインファームウェアのほか、DSPファームウェア、TFファームウェア、C4FM-DSPファームウェアのいずれも新バージョンが公開される大規模なものだったが、2017年に入ってからは両機種ともメインファームウェアのみ新バージョンになるアップデートが1月に行われている。今回の変更点は下記の通り。

 

★FT-991シリーズの新ファームウェア

 

・おもな変更点
(1)レピータシフト設定されたQMB周波数でREV操作をおこなった場合、セットの電源が落ちる不具合の改善を行いました。

 

(2)FMモードでCTCSSが有効のとき、FM以外のモードに切り替えて送信したのち、再度FMモードに戻した場合にCTCSSが開かない不具合の改善を行いました。

 

(3)スコープを停止後の再スタートで送受信カーソル位置が移動しない現象の改善を行いました。

 

(4)その他、機能改善および最適化を行いました。

 

・公開されたFT-991用 メインファームウエア
 書込ツール YFSW021 & ファームウエア Ver.2.20  YFSW021_V0220.zip(2017/3)

 

※FT-991用DSPファームウエア(Ver.1.09)、FT-991用TFTファームウエア(Ver.2.04)、FT-991用C4FM-DSPファームウエア(Ver.4.15)の新ファーム公開は無し。

 

 

★FT-991Aシリーズの新ファームウェア

 

・おもな変更点
(1)レピータシフト設定されたQMB周波数でREV操作をおこなった場合、セットの電源が落ちる不具合の改善を行いました。

 

(2)FMモードでCTCSSが有効のとき、FM以外のモードに切り替えて送信したのち、再度FMモードに戻した場合にCTCSSが開かない不具合の改善を行いました。

 

(3)スコープを停止後の再スタートで送受信カーソル位置が移動しない現象の改善を行いました。

 

(4)その他、機能改善および最適化を行いました。

 

・公開されたFT-991A用 メインファームウエア
 書込ツール YFSW024 & ファームウエア Ver.1.08  FT-991A_Main_v0108.zip(2017/3)

 

※FT-991A用DSPファームウエア(Ver.1.09)、FT-991A用TFTファームウエア(Ver.1.01)、FT-991A用C4FM-DSPファームウエア(Ver.4.15)の新ファーム公開は無し。

 

 

 なお、アップデートには市販のUSBケーブルが必要(RS-232Cでのアップデートには非対応)。無線機とパソコンをUSBケーブルで接続する前に、あらかじめ、使用するパソコンに「仮想COMポートドライバー」(Webサイトで公開中)をインストールしておく必要がある。
 アップデート作業を行う際は事前にマニュアル等で手順を確認のこと。ダウンロードは下記関連リンクより。

 

 

 

●関連リンク:
・FT-991 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)
・FT-991A 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」