hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ファームアップ情報 > <不具合の改善2項目と最適化>八重洲無線、FT-891シリーズの新ファームウェアを公開


<不具合の改善2項目と最適化>八重洲無線、FT-891シリーズの新ファームウェアを公開

八重洲無線株式会社は2017年3月9日、コンパクトなHF/50MHz帯オールモード機「FT-891シリーズ」の新ファームウェアとして、メインファームウェアのVer.1.05をリリースした。同シリーズの新ファームウェア公開は1月23日に続いて2度目。同社は「FMモードでCTCSSが有効のとき、FM以外のモードに切り替えて送信したのち、再度FMモードに戻した場合にCTCSSが開かない不具合」と「外部電源をオフにした時、最新の周波数が保存されない不具合」の改善を行ったほか、「その他、機能改善および最適化を行いました」と説明している。

 

 

 2016年9月末に出荷が始まったFT-891シリーズの、メインファームウェアの新バージョンが公開された。内容は下記の通り。

 

★3月9日に公開されたFT-891シリーズの新ファームウェア:

 

・FT-891用 メインファームウェア
 書込ツール YFSW023 & ファームウエア Ver.1.05  FT-891_Main_v0105.zip(2017/3)

 

おもな変更点:
・FMモードでCTCSSが有効のとき、FM以外のモードに切り替えて送信したのち、再度FMモードに戻した場合にCTCSSが開かない不具合の改善を行いました。
・外部電源をオフにした時、最新の周波数が保存されない不具合の改善を行いました。
・その他機能改善および最適化を行いました。

 

 

 なお、ファームウェアの更新には、市販のUSBケーブル(A-Bタイプ)が必要となる。また使用するパソコンにあらかじめFT-891対応の「仮想COMポートドライバー」のインストールが必要だ。アップデート作業を行う際は事前にマニュアル等で手順を確認のこと。ダウンロードは下記関連リンクより。

 

 

 

●関連リンク:FT-891シリーズ 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】